時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
勝負(かた)をつけろ
あまり時間が無いので、簡潔に記す。
森友・文書改竄問題に対する世論の批判が高まり、安倍政権崩壊前夜とまで言われている。
だが、あまり浮かれないほうがいい。この間の空気を見る限り、このまま逃げ切ってしまいそうな雰囲気があるのだ。
一部の人々やメディアには、デモや政権批判を「流行」として捉える風潮が確実にある。勿論、悪政を糾すことは流行として矮小化されるようなものではない。しかし、「そろそろ飽きた、もういいよ」という感覚が蔓延し、「まだ森友やってんの?」という声が拡大していけば、支持率は確実に回復する。権力者がどんなに出鱈目を行おうとも、我慢して時が過ぎるのを待てば、それが通用してしまうというパターンが確定してしまうのだ。
勿論これまでも、「無理が通れば道理引っ込む」といった事態は確かに幾度もあった。だが、今回は問題が大きすぎる。「無茶をゴリ押ししても政権は揺るがない」から、「どんな悪行を行っても政権は揺るがない」という段階に移行してしまうのだ。
世論が気分的な政権批判に終始する限り、確実にそうなる。ここで止めないと、まずい。

IMG_7243.jpg IMG_7244.jpg IMG_7245.jpg

IMG_7246.jpg IMG_7253.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

あれも迷惑、これも迷惑
迷惑防止条例が大詰めを迎えている中、どうしても気になっていることがある。

A「エロ本を公共の場に出すな!」
B「デモは迷惑!」

A「ポルノは暴力!
B「デモはテロ!」

両者の主張は同じ穴の狢である。「自分たちの主張だけは正義だからいいのだ!」などといった虫のいい話は通用しないのだ。
この種の政治/弾圧団体は、昨今もあるマンガの内容に対して威迫・強迫活動を繰り返しているらしい。いい加減につけ上がるな。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

その条例こそ、迷惑です
東京都の迷惑防止条例改悪の件。わたしも都庁前に顔を出したが、その後ウィルス性腸炎でぶっ倒れてしまい、街頭行動がままならない状態である。

改悪案では
「みだりにうろつく」
「監視していると告げる」
「電子メール(SNS含む)を送信する」
「名誉を害する事項を告げる」
「性的羞恥心を害する事項を告げる」
などの行為が規制の対象となる。直截的な逮捕・拘束などはもっての外であるが、萎縮効果も決して莫迦にできるものではない。

尚、本日の都議会警察消防委員会においては、都民ファーストの会、自民党、公明党、民進党の議員が賛成。日共が反対に回った。
これが事実関係である。勘違いする向きが多いが、「立憲民主党の議員」はここにはいないことを指摘しておく。
それにしても、これに反応する世論の反応は、相変わらず低い。「黙っていればいい」「文句を言わなければいい」「当たり障り無く発言して生きればいい」というのが、相変わらずのこの社会の風潮である。だがこれは、運動圏にとっても他人事ではない。「我々は真理の体現者だ!我々の決めた範囲でだけモノを言え!」などといった、虫のいい話は通用しないのだ。スターリニスト諸君、少しは自戒したらどうか。しねぇだろうな。こいつらは。

IMG_7189.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

愚者の遊戯
Morgan Folsom 「Un jeu de fous」を読む。
主人公は野生動物解放戦線なる組織の末端活動家で、ちゃきちゃきのアナーキスト。
そんな彼が組織の命により、ハイジャックの実行を企てる。妙な鸚鵡に邪魔されたり、様々なトラブルに見舞われるが、何とか彼は恋人と共にハイジャックに成功する。だが、組織は同志の解放交渉に失敗。実行犯の彼らをスケープ・ゴートにして延命を図ろうとする・・・

前半、主人公があまりにも滑稽な失敗ばかり演じているので、真面目に書いているのかギャグとして書いているのか判然としない。そのため、読む側としてはやや戸惑う。だが、読み終わった印象としてはなかなか面白かった。トリックスター的に話をかき回していた鸚鵡(名前は”チェ”)が、最後には重要な意味を持ってくるあたり、なかなか心憎い。「組織」の人間に対し、「汚ねえ犬っころ、ファシストめ!」と連呼し、主人公を援護する(ストーリー上では偶然だが)鸚鵡たちの群れは、自由を求める民衆意思の具現化とも取れるだろう。

unjeudefous.png

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

当たり障りの無い表現
アッキード事件、森友問題、文書改竄問題、呼称は色々あるが(「佐川問題」では断じてない)、抗議活動が連日国会周辺を賑わしている。
「改竄許すな!」
「安倍はやめろ!」
「麻生はやめろ!」
だが、ここ最近のSNSで、「激しいコールやプラカードが人心の離反を招く」と主張するひとが散見された。映画評論家の町山智浩もそのひとりである。わたしは映画評論家としての彼の活動には好意を持っているし、「一人ひとりの抗議の声を拾って欲しい」という部分には完全に同意する。だが、過激なコールが人々の離反を招くというくだりはいただけない。周回遅れの議論なのだ。
これについては反原連からシールズに至るまでの運動の過程をみればよく理解されると思う。ルールを守れ、マナーを守れ(要は警察に従え、言うことをきけ)、といった主催者の締め付けが参加者の萎縮、離反を招き、その挙句の果てが、「中核出てけ」、「お巡りさんこいつです」に繋がっていったのではないか?
また今の国会周辺の運動自体もこの流れを汲むものであり、問題性も共通している。だが、先の批判は、こうした萎縮を更に大きく後退させようというものである。この調子では「まともな反対者はデモにも選挙にも行かない」「まともな反対者は文句を言わずに黙って従う」ということにまで行き着くだろう。事実、日本人の多くはそうした意識を持っている筈である。

さらに、この動向にはまた別の既視感がある。昨今も太もも展、百合展中止があったが、性表現にまつわる糾弾と封殺の動きに繋がるのだ。
「規制ではなく公共の場で行うなと言っているだけだ」などといけしゃあしゃあとうそぶき、民間検閲官を気取る者達。その本音は確実に「清く正しく美しく。既存の秩序を壊さない、傷つけない、汚さない表現活動を心がけましょう」にある。只の弾圧者だ。
これらに共通するのは、「尖った表現を公共の場から締め出せ」という主張である。「シュルレアリストのもっとも単純な行為は、拳銃を手に通りに出て、群衆に向かってできるだけ無差別に撃ちまくることだ」とブルトンは言ったものだが、銃の乱射はともかく、ひとの心を揺さぶり、衝撃を与えることが表現である。そもそも違法行為を行えと言っているわけではないのだ。国会周辺の人たちはパイプ爆弾を持っていたとでもいうのか?
こうして当たり障り無く、穏便に、口当たりのいいものだけが許されていく。権力者に何らダメージを与えない、安倍や麻生をいたわり続ける抗議行動、見るものに何ら衝撃を与えない創作活動。秩序と道徳を説き、ほのぼのした牧歌的な日常風景だけが持て囃される文化活動。一体、そんなものを通して何がしたいのか?
齎されるものは、社会の「死」でしかない。

IMG_7168_20180317112011342.jpg IMG_7170.jpg
(もはや警官の姿しか見えないが、官邸前の写真である)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

逃げるつもりか
森友問題がいよいよ大きなうねりとなってきたように見える。但し、多くの人々の意識ではまだまだこの問題への関心は低いだろう。浮かれてはならない。相手はこのまま乗り切るつもりでいるのだ。

個人的に色々厄介事を抱えていて、精神的に落ち着かない日々が続いているが、取り敢えず財務省前に行って来た。佐川が辞任した日である。流石に黙っていられないと思ったのだ。
わたしが到着したのはだいぶ遅くなってからだが、暫くコールを続けると、佐川長官を乗せたと思える車が出発した。このときのボルテージが最高潮だったと思う。集まった者達は皆一斉に車に駆け寄り、抗議の声をあげた。慌てふためくかのように、車は強引に向きを変えて夜の街に消えて行った。尤もこの車、ダミーの可能性も無いわけではない。原本(本物)はどこに行った?

IMG_7110.jpg IMG_7117.jpg

この所更新がなされていないが、私生活上でちょっとトラブルがあった。落ち着いたらまた色々報告すると思うが、かなり厳しい状態である。一体何の罰なのか。

読んだ本
・Boris Vian 「J'irai cracher sur vos tombes」
ヴィアンが別名義で書いた小説で、「ハードボイルド」と喧伝されている作品だが、どちらかというとかなりパンクなビート小説といった雰囲気だ。無軌道な青年たちが破滅を迎えるまでのストーリー。家庭に入って大人になるくらいなら、全部ぶっ壊して死んでやる。そんなメッセージが伺われるユニークな作品だった。
・George Simenon 「Le revolver de Maigret」
タイトル通り、メグレ物の一冊である。メグレがFBIから献呈された拳銃を盗まれる話。殺人事件の結末が明確にならず、モヤモヤした感じが残るのはこのシリーズの「らしさ」でもある。拳銃泥棒の青年に対して見せる、メグレの父性がなかなかいい。

観た映画
「真実ゲーム」(監督キム・ギヨン)
何故観ようと思ったのかよく覚えていない。アイドルの親衛隊の少女がふとした経緯により、当のアイドルを殺害するに至る話。世代間ギャップなどなかなか興味深い場面もあるのだが、今ひとつパッとしない作品だった。

vian tombes maigret revo

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

相変わらず何も書く気がしない。
ル=グインの死についても一言あってしかるべきだろうが、この人の本は「闇の左手」と「ロカノンの世界」、「影との戦い」を読んだっきりで、あまり印象に残っていない。「闇の左手」で氷原をさまようシーンだけを鮮烈に記憶しているくらいである。一応ニュー・ウェーヴSFの旗手なのだが。

読んだ本
・笠井潔「天使は探偵」
・笠井潔「転生の魔」
・ティムール・ヴェルメシュ「帰ってきたヒトラー」上下
・Georges Simenon 「Maigret et l'affaire Nahour(メグレとナウール事件)」
・Georges Simenon 「Le fou de Bergerac(ベルジュラックの狂人)」
・Jean-Patrick Manchette 「L'affaire N'Gustro(ヌギュストロ事件)」

シムノンとマンシェットの本は長い間ほったらかしになっていたもので、今回漸く読むことが出来た。宿題に片をつけた気分である。メグレシリーズはほろ苦い作品が多いが、ナウール事件もそのひとつである。とはいえ、マンシェットの「ヌギュストロ事件」ほど救いの無い話ではない。こちらは政治活動家ヌギュストロと主人公が罠に嵌って殺される話だから。


観た映画
「ガールズアンドパンツァー最終章 第一話」 監督:水島努
「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」 監督:ライアン・ジョンソン
「青春夜話」 監督:切通理作
「ニノの空」 監督:マニュエル・ ポワリエ
「ゾンビ・サファリパーク」 監督:スティーヴ・バーカー
「パリ、カウントダウン」 監督:エドガル・マリー
「マジンガーZ infinity」 監督:志水淳児
「宇宙戦艦ヤマト2202 天命編」 監督:羽原信義
「現金に手を出すな」 監督:ジャック・ベッケル
「ヘドローバ」 監督:小林勇貴

manchette simenon

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

或る違和感について~野中はそんなに立派だったのか
野中広務が亡くなり、運動圏からも多くの追悼が寄せられている。彼が軍拡・戦争に向かう動きや、差別に対して本気で反対していたのは事実であり、そこに異論はない。が、彼を「大きな器を持った政治家だった」「真の平和主義者だった」などと、やたら持ち上げる風潮には違和感がある。
小渕政権時代、日米防衛協力ガイドライン法を通したのは誰だったのか?国旗国歌法を成立させたのは誰だったのか?盗聴法や、改悪住民基本台帳法を成立させたのは誰だったのか?当時内閣官房長官であった野中広務その人ではないか。彼の反戦・反差別の信念を認めるとしても、本人が自らの犯した罪業をどこまで自覚していたのか、わたしはかなり疑わしいと思っている。
別に彼を悼むなというつもりはない。だが彼の犯してきた様々な悪行を忘却し、「わたし達の心強い味方だった」などとふれて回ることは、歴史改竄主義そのものである。もはや是々非々ですらない。

繰り返すが、運動圏の人間が彼を追悼するのは構わない。だが、彼の行ってきたことを明確にし、受け止めた上で、その意思を表明して欲しい。今のままでは、あまりにも底が浅過ぎる。

600x353_20151211103714_image2.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター