時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
仏検騒動記
落ち着いたので、報告する。
仏検二級に合格した。正式名称を、実用フランス語技能検定試験という。何故受かったのかよくわからない。
これまで、特に当ても無くだらだらとフランス語を眺める日々を送っていた。到底、勉強と呼びうる行為ではない。だがある日、仏検のサイトで二級の過去問を覗いたところ「あれ?これなら受かるんじゃないか?」と思った。単純なきっかけである。
とはいえ、受けるからにはそれなりに準備期間も必要である。余裕を持って一年後の試験を受けようと思い、問題集を購入。過去問を解き始めた。それなりにハードではあるが、地道に学習に励む。だが、勉強を進めているうちに、「あれ?ひょっとしてこれ、3ヵ月後の試験に間に合うんじゃないか?」と思うに至った。魔が差したと言おうか。そのまま願書を出してしまった。もう引っ込みがつかない。やるしかない。駿河台出版社の過去問を繰り返し繰り返し解き、電車の中でも問題集と睨めっこをしていた。
試験はペーパーテストばかりではない。聞き取り問題もそれなりに高度になる。リエゾン、アンシェヌマンに頭を抱えながら、ディクテを続けていった。世の中にはディクテに賭ける猛者もいるらしく、奥の深い学習テーマである。ただ、他の人も指摘しているが、この出版社のディクテはあまりにも難問過ぎる。よいトレーニングにはなるだろうが、同様にこれを活用している学習者の諸氏は、聞き取れないからと落ち込まないほうがいい。
さて、試験当日である。あっさりと熱を出した。困ったね。どうしたものか。それでも何とか持ちこたえられそうだと、会場に赴いた。意地というしかない。悪寒を耐えながら試験開始。五分ほどたった後のことである。突然悪寒が吹き飛び、頭がクリアになった。変な緊張から生まれた症状だったらしい。急激な体調の好転で、その後は気分よく臨むことが出来た。
さて、試験の内容である。語彙の問題は穴埋めに戸惑うが、わからなくてもとにかく書き込む。長文問題は読み進んでいくうちに内容が理解できた。問題集よりは遥かに易しい。終ってからの感触は、「まあまあ」かな。
休憩を挟んで聞き取り問題。ディクテは割合何とかなったが、こちらでも穴埋めに戸惑う。どうしても一問だけわからなかった。さらに、長文聞き取りによる内容一致問題は、大分焦った。三度目の朗読で聞き間違いに気付き、時間制限直前に解答を訂正する。大丈夫か?
そんなこんなで何とか試験終了。会場を出ると解答が配られている。早速答え合わせ。ざっと見直した後のわたしは、きっとこんな表情だったに違いない。

kinmoza_exam02s.png

帰路、少し冷静になり、もう一度検証する。まず筆記試験。前置詞は完璧。穴埋めは時制の部分でかなり落とした。長文問題は一問落としたが、ほぼ完璧。聞き取りは運を天にまかせるしかない。
数ヵ月後、一次試験合格発表。落ちたものと腹をくくり、HPを閲覧する。
・・・・・・・・・・・・あれ?受かったよ。合格ラインが59点のところ、73点。比較的良い成績だった。
二次試験の準備をする。こちらは面接である。どうしよう。取り敢えず、聞かれそうな事柄を予想。日本語で回答を文章化し、辞書と睨めっこしながら仏訳する。聞かれることは凡そ決まっている。趣味は?子供の頃の環境は?家族は?等々。あまり込み入ったことは答えない。平易に多くのことを語る。だが、熱が入っていくうちに、やたら回答が長くなってしまう。困ったね。これじゃ覚えられないぞ。
面接の時間は五分と決まっているため、解答が短いと面接官からの質問が増えてしまう。あれこれ聞かれているうちに、馬脚を現すこととなる。アドリブで対話できる能力など持ち合わせていない。かといって、長過ぎると覚えられない。程々にまとめてひたすら暗唱に努めた。
さて試験当日。面接担当は若いフランス人と、壮年の日本人だった。仕事のこと、趣味のことを聞かれる。上野にクラナッハ展を観に行ったことなど話す。だが、五分間は短いようで長い。途中で頭が真っ白になり、なかなか答えられなくなった。沈黙だけはしなかったものの、まずいぞ!これは。

kinmoza_exam02s.png

かなり精神的ダメージが大きく、帰路、あれこれ思い悩み、路上でしゃがみ込んでしまった。自己嫌悪に耐えられない。次回の試験はいつ頃だろう。取り敢えず一次試験は免除される筈・・・と色々考えながら、翌月の合格発表を迎えた。大丈夫、次は面接の準備だけを徹底させればいい、と自分を励ましながら、HPを閲覧する。
・・・・・・・・・・・・あれ?受かってる。合格基準点ギリギリだったが、合格には違いない。あれ?あれ?あれ?
以上が顛末である。まともに勉強したのは試験の三ヶ月前からで、同じ方法を人に薦める自信が無い。正直、何の参考にもならないと思う。まあ、見方を変えればわたしのような頭のヌルい人間でも受かったのだから、この駄文を眺めている方々ならば、もっと要領よく合格できるのではないか。機会があれば受験してみては如何。

IMG_4570s.jpg

使用テキスト:
「仏検対策2級問題集」白水社
「完全予想 仏検2級 筆記問題」駿河台出版社
「完全予想 仏検2級 書き取り・聞き取り問題」駿河台出版社
「フランス語のシッフル(数字)なんてこわくない」駿河台出版社

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

日本から少し離れて~大陸編 (3)
3日目の朝方、ホテルの周りを散策する。杭州周辺の町並みや雰囲気は、日本と左程変わらない。前日、スーパーで買い物をしたら、勧誘の声をかけられた。言葉が通じるものと思われてしまうのは致し方ない。

IMG_2076.jpg IMG_2102.jpg

本屋に入ると、ガルシア・マルケスの書物が並んでいるのが目を引いた。この国でもよく読まれているのだろう。「百年の孤独」は、日本と同じ、ほぼそのままの題名である。

IMG_2112.jpg

夜になり、体調を崩してぶっ倒れた。激しい腹痛と発熱、下痢である。豪華すぎるもてなしが祟ったか。まあ、それは冗談であるが、おそらくは腸炎だろうというのが自己診断だった。取り敢えずバファリンをがぶ飲みする。一晩中苦悶にのた打ち回った結果、熱だけは下がった。その後も薬で症状を抑えながら、翌朝、飛行機で次の目的地へ急いだ。敦煌である。
敦煌は井上靖の小説と佐藤純彌監督の映画でわが国でもその名はよく知られている。私は映画の方をテレビ放映で見たが、お世辞にもよい出来とは思えなかった。この監督は、フィルモグラフィを見てもわかるように、大味な大作ばかり撮る人である。このことは、以前にも記したので、これ以上繰り返さない。

IMG_2118.jpg IMG_2125.jpg

さて、敦煌である。直行便は出ていない。よって、西安で飛行機を乗り継ぐこととなる。機内から見た祁連山の白い山並みが美しい。早朝に杭州を発ち、昼には敦煌空港に降り立った。乾いた空気が心地よい。腹の調子こそ良くないが、何とかなりそうである。
まず、目を引くのが地平線である。本物の地平線を見る機会など滅多に無いものだ。世界が果てしなく広がっている。ここが大陸であることをいや増しに実感する。

IMG_2132.jpg IMG_2128.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

状況 2017.2.22
安倍晋三記念小学校の話題が漸くマスコミでも取り上げられるようになってきた。しかし、水道民営化、種子法の廃止と言った話題はあまり聞かれることがない(流石に共謀罪はある程度取り上げられているが)。規模の大きい悪行、グローバル資本のために行われる悪行は優先的に隠蔽されるということか。とはいえ、件の愛国幼稚園で、譬喩でない事実として児童虐待が行われていたとなると流石にこれは看過するわけにいかない。汚物を持ち帰らせるなど虐待以外の何物でもない。何かのプレイのつもりなのか。
これを皮切りに、水面下で行われていた安倍政権の全ての悪事を白日のもとに晒して欲しいが、期待するだけ無駄なのがこの国の現状である。その意味で「日本スゲー」というのは間違ってはいない。本当にスゲー国だ。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

日本から少し離れて~大陸編 (2)
そろそろ落ち着いてきたので、杭州訪問記の続編をUPする。例の件は今も腹に据えかねるが、このまま記憶から葬り去るのは忍びない。駄文ではあるが、ここに掲載することとしたい。

杭州は今や建築ラッシュである。そこら中に工事中の高層建築が見受けられる。よく見ると建物のデザインが日本とは異なり、土色のビルが目立つのが特徴である。高速道路から外の景色を眺めながら、異世界を旅するような不思議な感覚に捉われたものだった。
IMG_1912.jpg  IMG_1914.jpg

移動中、大きな冷却塔を目にする。すわ、原発か!?と思われたが、確認したら火力発電所とのことだった。実際、原発も杭州付近にあるにはあるのだが、地図で確認すると、位置的にまだまだ遠方にある模様だった。

IMG_1935.jpg


杭州といえば、世界遺産に指定された「西湖」が知られる。残念ながら、今回はこれを見る機会は得られなかった。その代わりというわけではないが、夕方、食事処の近くにあった、大きな運河を案内された。聞けばこの運河の歴史は古く、隋の時代のものであるという。隋の運河といえば煬帝。現地のスタッフに確認すると、それで間違いないという。ははあ、これがかの煬帝の大運河であったか。私も歴史に名を残す愚王としてその名を聞いているが、いざ現物を目にしてみると、「すげえ!」というしかない。もっとも、現在の運河は当時のものを大幅に延長・拡大したものであるが、それでも印象は変わらない。きららかな夜景に見とれながら、遊歩道を練り歩いたのは、この地での最大の観光体験であった。

IMG_2017.jpg IMG_2014.jpg IMG_2028.jpg IMG_2030.jpg

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

雑想 2017.1.21
来週からはもう少し自由に色々出来そうだが、今は目の前のことに専念したい。するしかない。
私的な事柄であり、端から見れば下らないことかもしれないが、ちょっとここでしくじるわけにはいかないのだ。落ち着いたら詳細を記そうと思っている。
まぁ、仮にこれを乗り切ったとしても、虫けらのように毛嫌いされ、ゴミのように扱われる実生活の現実には何ら変わりは無いのだが。


↓こいつら、いい勝負だな。
ズォーダー
2ズォーダー

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記



プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター