時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
もっと暗黒を!
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」(監督・脚本ダニエル・マイリック、エドゥアルド・サンチェス)
この作品、やたら友人達の受けが悪いのだが、思ったほどひどくはない。
どちらかというと、肝試し的な怖さを狙った作品で、寧ろ邦画ホラーに近い。ホラージャンルではないが、ここでクリスティの「そして誰もいなくなった」を思い出してもいいだろう。いわば、得体の知れないものに対する恐怖である。
個人的な好みをいえば、終盤の廃屋探索のくだりをもっと強調したら面白かったと思う。尤も、かえってわざとらしくなるだけかもしれないのだが。
結局のところ、決して派手な怖さがあるわけではないが、割合スリリングで良質な作品というのが私の評価である。

尚、私は「リング」を観て笑ってしまったクチなので、怖い映画というのはあまりお目にかかったことがない。例外はTVアニメ「ゴーストハント」の「血塗られた迷宮」くらいだろうか。あれは本格的に怖かった。

ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 [DVD]ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 [DVD]
(2000/04/28)
ヘザー・ドナヒュー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/99-51fd4a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター