時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
詭弁政治学
大阪市長が「曽根崎心中は自殺もの。子どもたちに自殺を美化しますか?」とのたまったという。詳細はあちこちでアップされているので、ご存知の方も多いと思う。
この字面だけを見ると、洒落本、黄表紙の摘発と同じに見えてしまうが、よく見ると少し違う。
ここで行われているのは言葉の詐術であり、話のすり替えである。どちらかというと野崎昭弘の著書「詭弁論理学」に出てきそうな議論だ。まともに相手をしても仕方ない。正直、論を追っているとこちらまで混乱してくる。何しろ、助成金カットの話が、ストリップの是非と自殺の美化の議論になっていくのだ。
こうした「論のすり替え」はこの男にとってはお手の物である。こんな人間が次期総理候補として持て囃されるのがこの社会の病理だ。前にも言ったかな、こんな話。
尚、橋下自身は文楽もバカにしているし、ストリップ・ティーズもバカにしている筈なので、勘違いなきよう申し添える。後者についての考察は、澁澤龍彦の著作などを繙いてみるといいだろう。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
黒く塗れ
>詭弁論理学 

当時の上司に薦められて読みました。  

「仕事絡みだろう」と思い、気が進みませんでしたが、読み始めると、一定の結論を導き出すプロセスの中にある「矛盾」の背景には「私情」が絡むケースが多い事に気付き、読んだ直後は「目からウロコ」だったのですが、最初から最後まで「感情論」で通す相手には、全く通用しませんでした。ってか、却って逆効果でした。   

大阪市長はツイッターで相手に粘着しまくる癖がありますので、どうなんでしょうね?。  

ゴ○ウリの世論調査、次期国政選挙、1位、痴民党、2位、維新の会、って、1位はいつもの「地方1人区頼り」は間違いないとしても、垂れ流しメディアの垂れ流し報道を信じる有権者の多さに辟易します。もっとも有権者の約半数が投票さえしない国ってどうよ?
【2012/08/15 01:50】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: 黒く塗れ
日本最大の内戦を経て、国内的には「白河以北一山百文」の精神的風土を生み(その結果が福一)、近代帝国主義国家として戦争国家化への道を切り拓いた明治維新。
同じ名を持ち、よく似た性格を持つ「維新の怪」が、持て囃されるのは不気味です。
【2012/08/16 00:03】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/976-78aa3000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター