時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
原発安全神話こそ「精神論」である
西東京の再稼動反対の緊急行動(署名・ビラ配り)に参加。私も駅前でビラを配る。
案の定というか、予想通りマイクを握っての発言を求められる。こういうのは苦手なので些か躊躇したが、結局は引き受けた。街頭で情宣をするのは久し振り。先日このブログに記した内容と同じ「事故は無かった事にはできない」ということを話したが、詳しいことは忘れた。
デモでお馴染みのDJ・火炎瓶テツ氏の参加もあり、なかなか賑やかで活気付いたものとなった。雰囲気はツイッターデモなどと同じで、違いは移動がないということだけである。集まった面子にもよると思うが、とにかく元気に騒ぎ続けること。私の感触では、あまりビラに対する食いつきがよくないような気がしたが、駅前でこういう行動が当たり前に行われることは重要である。正直、昔ながらの堅苦しい情宣活動しか経験がないので、こういう賑やかなやり方もあったのかと改めて感心した。とはいえ、いつもいつもこういう雰囲気作りが出来るわけではないし、まだ改善の余地はあると思う。個人的にもなかなか参加が厳しい面もあるが、学ぶところは多かった。

本日、「世界」7月号を購入。大阪の「あの男」に関する特集が組まれている。興味深い論稿が多いので、一読をお奨めしたい。

kan
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
アンダー・マイ・サム
増税?仕方がない。 

再稼働?仕方がない。 

世論調査、大飯原発再稼働賛成派が反対派を上回る。 
また、誘導尋問ですか。 

「維新の会」国政には、打って出ない。 

信用できませんね。
【2012/06/11 12:54】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: アンダー・マイ・サム
> 誘導尋問 
表現規制の時と同じ手口。ところで大谷昭宏がまたやらかしたという話ですが・・・

> 「維新の会」国政には、打って出ない。 
「2万パーセント」、無いのでしょう(笑)
【2012/06/11 23:50】 URL | のわーる #- [ 編集]

草場の陰より
>大谷昭宏。 

…ねぇ。  

あら、本当。 

しかも、togetterのトップに。  

日本橋(大阪の方)の近くだから?。  

普通、ミナミ・アメ村付近に、オタの人々は近寄りませんが。 

夕方のテレ朝「スーパー○チャンネル」で…。

出所したばっかりの、元ヤン・元暴走族が……?  
あの時間帯の視聴者は、高齢者が多い。成る程。  
伝説の「黒田チーム」にいたとは思えない。  

本田康晴の「我拗ね者として生涯を閉ず」、解説が大谷昭宏だったので、買うのやめたんだよなぁ。
【2012/06/12 01:37】 URL | ダムド #- [ 編集]

しまった
西東京市、緊急行動お疲れ様でした。  

基本的に、縁の遠い地区在住なので(正確にはアクセスが悪い)、その分、むしろ「勇気」をいただいた次第です。  


最寄り駅の「自称総合書店」は、週金、紙爆、そして、世界…、漏れなく置いておりません、はい。   

その替わりに、「創」最新号、購入。映画特集がメイン、「11.25自決の日・三島由紀夫と若者たち」若松孝二監督インタビュー、この時点で、新藤兼人監督は、まだ存命中だった……なんか、切ないです。

「ムカデ人間」の買い付けは、くらたまの旦那による、再就職後、初めての仕事だったとは、意外でした。

編集後記、院内集会、かなり不安です。
【2012/06/13 00:24】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: しまった
創は安田浩一の記事がよかったですね。在特会を只のバカ(実際バカですが)というだけでなく、「顔の見える」存在として捉えている点がいい。ジャーナリストとして、こういう視点は大事だと思います。
【2012/06/13 08:33】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/907-427ae96a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター