時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
アルジェントはアルジェントである
予想したよりもアルジェントらしいフィルムだった。まだ禍々しさの薄い初期の頃の作品に近いか。いや、「シャドー」にも近いものがあったな。よって、血飛沫満載の鮮血の美学を求めることは出来ない。
全盛期のアルジェントの作品といえば、うら若い少女が殺され、血飛沫が飛び散り、ガラスが砕け散るシーンが鮮烈だった。無論、「処女性」という心理学的な象徴を当て込んだものである。
本作ではそうした派手さこそ無いものの、アルジェントならではのテイストをそれなりに感じることは出来る。音楽も相変わらず決まっている(「フェノミナ」のときに近いかな)。
ラストの場面はいうまでも無く「網走番外地」であるが、意識していたのだろうか。それにしても、全てが終わった後に茫然と佇む主人公の姿は美しい。




追記:話題の虚構新聞の謝罪ツイート、吹いた。
(以下引用)
【お詫び】本日付記事でネット界隈をお騒がせしたことをおわび申し上げます。現実にありえないことをお伝えするのが本紙のポリシーですが、今回非常に多くの方から「橋下氏ならやりかねない」と思われたのが最大の誤算でした。今後はもっと現実離れした虚構報道を心がけます。申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
兵隊やくざ
題名忘れましたが、タランティーノの作品(日本劇場未公開)でアメリカからヨーロッパ旅行にやって来た女子大生を全裸逆さ吊りにしてこれまた全裸の女性が下に寝そべりながら剣で、滅多斬りにして返り血を浴び性的快楽を貪る作品がありましたな。ヨーロッパ人の嫌米感情を描きたかった作品みたいですけど。 

ところで、いまさら「愛と誠」リメイクだそうです。監督は三池崇史だそうですが、主演2人の絡みはなぜか「ミュージカル」仕立てだそうです。なんか悪い予感がします。 


いくら虚構新聞でもハシストにはお手上げでしょうよ。ツイッターの方もやっと沈静化したようですけど。
【2012/05/15 02:29】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: 兵隊やくざ
> タランティーノ 
あー、それ観たい。イーライ・ロスの「ホステル」にもそういう要素がありますね。あれも遊び人のアメちゃんが生贄になってました。
三池崇史は大傑作かトンデモ映画かどっちかに転びますからね。後者なら「シベ超」気分でワクワク。でもヤッターマンはあまりにつまらないので途中で観るのをやめた事が・・・

> 虚構新聞
文字通りの意味で「歩く奇天烈大百科」ですからな。あの男は。ハシズムは虚構より奇なり。
しかし、虚構新聞、まるで謝罪になっていないところはイカス。
【2012/05/15 21:58】 URL | のわーる #- [ 編集]

メモ書き
なんだ、さすが、のわーるさん。観ているじゃないですか、そうですとも「ホステル」及び「ホステル2」ですよ。 


2作品共に、タランティーノが総指揮監督、イーライ・ロスが現場指揮監督です。  


該当シーンは、2の方ですが、全体的な「エロ度」と「残虐度」は初作の方が上だった様に覚えています。 

2の方は「殺る側」にフォーカスしているのが良いかと。
【2012/05/16 01:18】 URL | ダムド #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/878-21a1ba5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター