時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
文化の価値は
土砂降りの中を歩いたせいか、昨晩、調子を崩しかけた。今朝になって回復するが、何もやる気が出ないのは休みボケか。もっとも連休中はバタバタしていたため、あまり休んだ感じがしないのではあるが。
エッカーマン「ゲーテとの対話」を少し眺める。詩歌、演劇、音楽と、いささか高踏遊民的ではあるが、肩肘張らず、のんびりと楽しめる書物だ。もっとも、他に読むべき本が溜まっているため、そちらを優先する可能性もあるのだが。
使い古された言い回しだが、「精神の貴族性」のようなものは、決して馬鹿にしてはならないと思う。有用性や、貨幣価値のようなもので文化を計ろうとする輩が跳梁跋扈する昨今、痛切にそれを実感する。ムンクの「叫び」に法外な値段をつけて何が楽しいのだろう。優れた作品が投資の材料にされ、倉庫に半永久的に封印されてしまうことは珍しくない。算盤や電卓をはじく代わりに、じっくりその作品について思いを巡らせてみるといい。そうすれば、少しは人間的にマシなものが得られる筈である。少なくとも、音楽団を潰そうとするどこかの市長よりは。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/871-b1b91376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター