時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
雨ニモ負ケズ
脱原発杉並デモに参加する。デモ行進開始直後から土砂降りとなる。傘を準備していなかったため、やむなく小降りになるまで木陰で雨宿り。横着せず、ヤッケくらい持ってくるべきだったか。しばらく待機し、デモ隊列の大部分が出発した頃に漸く雨が熄みだしたので、私も出発する。

20120506demo01

遅れた分、元気よく行進しようとするが、しばらくたった後再び強い雨が降り始める。何とか持ちこたえようとするが、雨足はどんどん強くなり、強風に加え、雹まで振り注いだ。こりゃたまらんと、隊列を離れて雨宿りをする。既に全身びしょ濡れだった。子連れの人は、雨が降り出した時点で参加を自重した方がよかったのではないか。

20120506demo02

その後、再び雨が上がったため、隊列に復帰。コールを挙げながら杉並の町を練り歩く。街の人が好意的なのがこのデモの特徴である。コースはぐるりと周辺を練り歩き、高円寺駅近くの公園で解散。
雨が熄んでからもとにかく強風にあおられ、プラカードを持つのもままならない。おかげで握力が鍛えられた。

20120506demo03

デモ自体は天候との闘いに終始した感があるが、原発が全て停まったこの時期に意思表示をすることはとても大切なことである。
現在の稼動停止はまだ暫定的なものであり、現政権は再稼動の機会を虎視眈々と狙っている。むしろ、「当然のシナリオ」をどうやって進めるかを検討しているといっていい。こちらとしては、彼らの思惑通りにはいかせないような潮流を作り続けていくしかない。ヌケヌケと、したたかな運動を継続して巻き起こしていくことだ。打撃は絶え間なく与えねばならない。

帰宅後、ニュースを見ると、竜巻だと。福一に直撃したらと思うとぞっとする。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
嵐を裂く
いやいや、本当にお疲れ様でした。 


蚕糸の森公園に着いてびっくりだらけ。 


松本哉氏と雨宮処凛氏のコスプレ……最初、マジでホントかと思っていましたよ(苦笑)。 

そしてあのスコール、全身を襲ったあの雹。 


どんよりした空の下、Misaoさんのド迫力のコール、何時になくスゴかったけど奮い立ちましたね、俺たち全員。 


高円寺駅北口広場、小熊英二氏のスピーチ、仮に原子力規制庁が発足しても、実質的に骨抜きにされるシステムである事に怒り心頭。でも、寄り添う彼の子供が可愛らしかった。


のわーるさんはじめデモ参加者の皆さん、賛同して頂いた皆さん、今回もありがとうございました。そしてまたよろしく! 


これからが、勝負の始まり、他の件も含めて負けてたまるか。
【2012/05/06 23:23】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: 嵐を裂く
お疲れ様です。あのコスプレは思わず脱力しましたね。相変わらず飛ばしてるなー、と。
為政者達は現在も尚、再稼動する気満々なのに変わりはないので、これからも頑張っていきましょう。
【2012/05/08 08:08】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/870-292a2a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター