時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
朝日の記事のこと
表現規制にまつわる4/30の朝日新聞の記事に賛否両論沸き起こっているが、朝日には規制推進論も規制反対論も存在していたことは事実。これまでの歴史的経緯を見ると、朝日に代表される小市民主義的良識が規制を後押ししてきたわけだが、今日の状況に対し、さすがにヤバいと感じたのかもしれない。
だが、ひとつの記事のみをもって「朝日が敵であるか、味方であるか」を勝手に判断すると、手痛いしっぺ返しを食らう可能性がある。結局はこれまで通り記事内容に支持なり批判なりを継続しながら、私たちの闘いを維持していくしかない。原発同様、まだ闘いは続く。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
ご無沙汰
ちと、バタバタしててゆっくりブログは読んでない状態。
今も睡魔と戦いながらなので何ですが、TVでも新聞でも口コミでも本意はなかなか伝わらない。
読み取る側の知識や技能、そして先見の明と言うか、それに伴う先に起こる事象を考えられる能力も必要だよね。
生きると言う事はまさにサバイバルだわーとおもったよ。
どんな些細な出来事が未来を変えるターニングポイントになるとも限らん。
そう思うとドラえもんは勉強になるわー(笑)
【2012/05/01 00:28】 URL | ないと #- [ 編集]

Re: ご無沙汰
「朝日」には散々煮え湯を飲まされてきた経緯があるので、どうしても慎重になりますね。ひどい時には「昨日と言っていることがまるで逆!」ってのもありました。
他にもややこしい問題があちこちで持ち上がっていますが、大手メディアに依存すると、とんでもないところに持っていかれるなーというのが今日の状況ですね。なかなかしんどいですが、私達自身で考えていくしかないと思います。
【2012/05/01 23:34】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/861-0c70f7cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター