時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
「ブラック・ジャック」が時代遅れになる日
一日中体がだるく、ひどい腰痛に苛まれる。よって、今日は各地で反/脱原発関連のイベントがあった筈だが、全てパス。ひたすら安静にしながら自分を見つめなおす(つまりぽけーっとしている)日となった。
折角なので、昨日に引き続き、過去に当てもなく記した映画評を掲載する。これもだいぶ前に記したものだが、TPP問題が騒がれている昨今、案外タイムリーかもしれない。

マイケル・ムーアの「シッコ」については今さら贅言を費やす必用は無いように思われる。アメリカの医療保険制度を告発した映画で、まず、アメリカには国民保険制度が無く、貧しい人々は満足な医療が受けられない。のみならず、利潤追求に走る保険会社が支払いを渋り、保険加入者への治療行為さえ妨げている姿を映画は描き出している。あげくの果て、監督は医療難民(!)となった人々をキューバに連れて行き(この辺りの複線の張り方は周到で、なかなか心憎い)、適切な医療を受けさせる事に成功する。アメリカは文字通り医療後進国となっているのだ。
「ボウリング・フォー・コロンバイン」で監督は、他者への恐怖と消費活動との関係を暴き、普遍的な問題として提示した(マリリン・マンソンへのインタビューシーンを想起されたい)。「シッコ」においては、資本の論理と生存権の問題が普遍的課題として提起される。この映画に日本社会の行く末を読み取った人は少なくないだろう。
ところで、「ブラック・ジャック」という漫画がある。言うまでもなく手塚治虫の代表作のひとつであり、奇跡の腕を持つ天才外科医が、ウン千万円という法外な医療費と引き換えに、患者を治療するという話である。
手塚の意図を私は誤解しない。手塚は、「生命とはそれだけ、かけがえの無いものだ」という生命倫理を、逆説的な形で示して見せたのである。
だが、ここで発想を逆転させてみてもいいかもしれない。つまり、かけがえが無いものだからこそタダにするべきだ、社会的に保障されるべきだ、という方向が考えられないか、ということである。
「シッコ」に描かれるアメリカ以外の諸国家は、そうした方向性を模索しているように思われる。恐らく、いずれの国々も様々な困難に直面しているに違いない。しかし、我々の時代はこの道を選択する以外に、社会を成立させることが不可能な段階に差し掛かっているのではないだろうか。
私は「ブラック・ジャック」が時代遅れになるような、幸福な時代が訪れることを願ってやまないのである.

スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
キャピタリズム
いや、ポケーッとする事は意外と大事ですよ。私の担当医からも聞いております。なので私もボサーッと過ごしておりました。 


シッコは、自分の傷口を自分で縫うシーンを見て、究極の自己責任社会なんだなと痛感しました。私の知り合いの嫁さんが生まれてくる子どもがアメリカ国籍を取得できる様に、ロス郊外のアナハイム市内の病院で出産したのですが、出産した翌朝から「早く出ていけ」の矢の様な催促で辟易したと聞いております。なんだか人間味に欠けているのでは?あと、医療保険会社の所業は自身をもって言えます。「これは犯罪である(キッパリ)」  


とにかく、のわーるさん、ご自愛して下さいませ。
【2012/04/23 03:06】 URL | ダムド #- [ 編集]

間違えました。
どうもすいません。 

自身をもって→自信をもって、の間違いです。すいませんでした。
【2012/04/23 23:05】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: キャピタリズム
キューバ行きのシーンは妙に解放感があるんですよね。こんな国出てってやる!みたいな雰囲気があって・・・
それにしても、老婆が病院から文字通り叩き出される場面には慄然としました。TPP論議で「欧米では当たり前!」なんて言い出さないか、心配です。
【2012/04/24 00:26】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/850-e1223dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター