時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
進め一億火の玉に!?
仙谷発言。「原発停止は集団自殺のようなもの」。レミングの親玉たちにそんなことを言われても全く説得力がない。
私は喋りが駄目なので、話し言葉の揚げ足を取るような真似は好きではない。だが、どこをどう間違えたらこんな発言に至るのか、この筋道は想像を絶している。「原発政策を続けることは自殺行為だ」とするならば通常の理解の範疇に属する。既に原発事故により、自殺者が現れていることを忘れたのだろうか。
だが、少し角度を変えて考えてみると、何となくわかってくる。要するに、財界人の事しか頭にないということだ。原発がとまったら財界にとって損失(自殺行為)だ、財界がくしゃみをすれば庶民は風邪を引く、だからこれまで通り原発政策を進めよう云々。だが、こんな屁理屈がまだ通用すると思っているのだろうか。
この一年、原発資本主義はその諸矛盾が明らかとなり、限界を露呈した。いまや、日本社会のあり方が、根底において再検討を迫られている。つまらない脅迫的言辞の下に、原発と心中するほど私達は愚かではない。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
どんな何とも心中したくないです…
そう絶対に原発なんぞと心中したくないです!…しかし。
どうしよう。この夏(とりあえずのこの夏です!ここ重要!)電気止まるのもこわくて仕方ない製造業勤務です。ちょっとでも電力止まったら仕損えらいことになったり、危ないことが起こる工場とか研究施設勤務だったりします…
原発の電気なんかいやです。でも電気止まるのも無茶苦茶こわい!
職場では来月から又、事実上「サマータイム」です。正直すっごくつらい…お昼休みシフトにもなるらしく…朝8時から13時までご飯食べられないのは去年とてもお腹減りましたwいや、そんなん低エネルギー社会のためには製造業はガマンして当たり前だって言われたらそれまでなんですけど。
この間お会いした反原発派の人は「本当は電力は余ってるのに東電のプロバガンダに皆だまされてるだけだ」と笑ってました。だからがんがん去年の夏もクーラー使っていたそうです。そうなんですか。自分の職場ではクーラー余り使えないので扇子大活躍でしたw
なんだか矛盾色々感じつつ、原発いやです。且つ電力止まったら非常に恐怖です。この夏がとにかく怖いです。原発いやだけど暑さで人の倒れるのもいやです。どうしよう。
【2012/04/17 03:13】 URL | ふぶら #- [ 編集]

Re: どんな何とも心中したくないです…
震災直後も、「今日は突然の停電が懸念される」と会社から帰されたことがありました。何か世界が丸ごと変わってしまったような感覚に襲われたものでした。まだ計画停電が始まる前のことです。計画停電の時は交通事故で亡くなった人も出ましたが・・・この頃からですね。「何かおかしい」という情報が囁かれるようになったのは。
私もクーラーは普通に使っていました。東電を儲けさせたくないので程々に、ですが。
尚、琉球新報によれば、「日本の火力発電の稼働率は5割以下で、7割まで引き上げれば原発はゼロでも供給は足りる。」だそうです。ttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-190034-storytopic-11.html
【2012/04/18 00:22】 URL | のわーる #- [ 編集]

信じたいけれど琉球新報
信じたいけれど琉球新報…それでも地域によってはこの夏、火力発電所七割でいけるかどうか?疑問な気がしてます。あれだけ節電してもピークのヤバかった日あるんですょね去年の夏…信じれば救われる気がしないのです。
togetterに「夏場のピーク時に製造業の稼働を止められるか」みたいなまとめシリーズがあって(勿論無理)、「もうどの業種も必死こいて去年の夏乗りきった(乗り切れなかった所も(涙))」…なんとも曰く言い難い、負荷分散の不適切を感じます。「大したことなかった気がする」みたいな無神経な発言には怒髪天w
その反原発派の「クーラーがんがん使っていた」人は一人暮らしでも電気料金が万いくそうで、自分が待機電力とか下げる様に工夫して最大でも二千円台だと言ったら信じられないと笑ってました。反原発の主張は強いけど低エネルギー社会には関心ないようで正直怒髪天w
あぁ暑くて作業性の悪い季節の早朝出勤は避けられない様子です。まだ土日の休日シフトよりはましだけど。去年休日シフト食らった会社はもっともっと大変だったし。
この夏もへとへとになるんだろうなぁ(泣)
【2012/04/18 01:23】 URL | ふぶら #- [ 編集]

Re: 信じたいけれど琉球新報
>クーラーがんがん
私の周りではそういう人はあまりいませんね。
世間的な良識に唯々諾々と従いたくはないというのは判らないでもないです。でも、東電に金なんか払いたくない(笑)ので、無駄遣いしている人はそうそう多くはないと思います。
【2012/04/19 00:57】 URL | のわーる #- [ 編集]

ちょっとホッとしました…
「クーラーがんがん」の人はそう沢山は居ないと知り、ちょっとホッとしました。つまりそんな人ばかりだとすると、自分は相当「反原発派」の人を嫌いになってしまいそうだったからです。嫌いになる事と賛同出来ない事は勿論同じではありませんし、自分だって原発いやなんですが。
製造業勤務な人間の多くには「去年の夏を苦労して節電して乗りきった」という自負があると思います。経産省から節電令来てて無茶苦茶大変だったけど、でも努力して乗りきったよ!みたいな?
それを「東電のプロバガンダに踊らされた愚か者」みたいにばかにされて笑われて「クーラーがんがん」を自慢気に語られたら、やはり心穏やかでもない訳です。あははw
で…今年の夏どうしよう…ってのはやはり…職場の情報(労組の危機感バリバリのとか…そりゃ働く人が暑くて倒れたらいけませんから)とかもあるし、今日電卓叩いてみたけど、やっぱ地域によっては電力足りないとしか思えません。元の電力会社のデータが嘘だと断定すればいいのでしょうが。
あとは自分の愛用の関数電卓及び叩いた自分の左手の三本の指が誤っている事を願うのみ…なんですが(苦笑)しかしtogetterの製造業電力関係のまとめは良かったなぁ…
【2012/04/19 01:44】 URL | ふぶら #- [ 編集]

ジグソーパズル
菅内閣最後の大仕事は、経産省にすべてのデータ資料を提出させ、内閣・国家戦略室による分析(試算も含む)でしたが、全原発停止を設定条件に過去最悪の酷暑、2010年夏期を基にシミュレートしても尚6%の余剰電力を有する結果報告書が昨年8月に提出されましたが、翌9月に発足した野田内閣はその報告書を発表せず、今に至っております。その代わりに「最悪の場合、9.2%の電力不足を生じる可能性有り」と正式リリースしましたが、悪質なのは電力需要が最も高い8月にわざわざ火力発電所を「メンテナンス」の名のもと停止させた場合の設定条件付きであった事です。野田内閣はその設定条件を隠ぺいしておりましたが今年に入り、昨年8月の結果報告書の件も含め一連のカラクリが世間に暴露されてしまいました。出典は毎日新聞、1月23日、東京朝刊、並びに東京新聞、1月23日夕刊に詳細が掲載されております。 


考えてみたら、2005年から2010年の間に電力需要ピーク時の8月に3回ほど全原発からの電力発送をストップさせる実験をしましたが、すべて問題なしでしたね。
【2012/04/20 02:13】 URL | ダムド #- [ 編集]

あぁそうか…わかったような気がします
あぁそうか…わかったような気がします。自分が「電力足りないマジやばい」と思っていて、だから「脱・原発」はとても痛みを伴うし大変で、その痛みを引き受けてる側への配慮に欠けたら相当困難じゃないか?と思ってる、その理由が。
そりゃ10年以上も前から、夏場の電力ピークカットに協力して昼休みシフトとかしている勤務体制にある自分と、そうでない人とは感覚が全然違うのも無理は無いと思いました。
毎年毎年夏場はお昼休みズレてご飯食べるの遅くなるとかね、少なくとも10年以上も前から色々やってきてて、で、秋になると「今年も停電とか悲惨な事にならずに済んだ、振り返れば青ざめる日もあったけど良かった、あぁ助かった…」みたいな?
万が一にも停電起こったらシャレならんから、カツカツ頑張って乗りきって来たんですょ~。だから「問題ない」って意味には、そのカツカツがあるんですのょ…「そこはわかってょ…あ?無理?…そうですか…しょんぼり…泣きそう…」って感じかしらん…
togetterの製造業と電力のまとめ本当にうるうるしながら読みました。「製造業さんが頑張ってくれたから去年の夏はもったんですよね有難う」とか稀にねぎらわれる時があり、超嬉しいです。
【2012/04/20 22:50】 URL | ふぶら #- [ 編集]

あんまり色々で(笑)
あんまり色々で(笑)飲み屋でヤケ酒w「それ知らない人沢山居るから伝達した方がいいよ」とお店の女の子に言われ、ごめんなさい連投します。
20年以上前から?職場では夏場「昼休みシフト」基本です。電力ピークカットの為。別に原発事故な去年からじゃないです。
夏場は朝出勤して昼頃大体「電力ピーク来たから照明落とせ空調切れ」な放送が流れます。夏の定番。猛暑の一昨年は11時には…全部東電の「電気足りないパフォーマンス」だとしても、ずっと前から、ね。
そして去年は「非常時」って感じで遅くとも10時過ぎ早けりゃ9時で「電力削減」で事務所真っ暗。当然作業性悪くなるので、出勤は7時6時と早朝シフトの人も。空調ナニソレな世界、事務方30度超フツー現場40度超。倒れるなょ…

で。
別にいいんです。「本当は電力余ってるんだキミタチはダマされてるんだ」と思って戴いても。
ただ。
「敵を作るな味方を増やせ」だと思うのです。「電力足りてる」を主張しても実感できない業種の勤労者はそれなりに居ると思うのです。
きついけど「問題ない」為に頑張ります。でも人の心ってものはあるんです。そして。
そういう事も現実にあるの知って欲しいと思うのです…脱・原発の為には。
【2012/04/21 03:35】 URL | ふぶら #- [ 編集]


>ふぶらさん 


数年前まで私は、仕入れ先メーカー、得意先メーカーの両方を慮る立場でした。仕入れ先メーカーから入荷した原材料を加工場で一次加工、さらには二次加工のマネジメント、調整もせねばならず、加工場とオフィスを行ったり来たりの毎日、特に得意先メーカーの夏期節電スケジュールに合わせた納品手続きを寸分違わずに行なう事にどれだけ気を遣ったことでしょうか。そうなると昼食すらとれないこともザラ、さらに得意先メーカーの夏期スケジュールに合わせての出勤も余儀なくされる(さらに仕入れ先メーカーの夏期スケジュールもからむ)、いわば下請けの立場だった訳です。加工場のなかは体感気温40度、しかも、粉まみれ、外に出れば炎天下のなかシートに覆われた原板を運び出す作業も手伝わなければならず(いくら発注者の立場とはいえ加工場の人たちは大事な仲間なので手伝わずにはいられませんでした)ヘトヘトになりながらも帰社して残務整理、90年代初頭より毎年夏は「そういうものだ」と自覚してやってきました。その上で「営業業務」で日本中を駈けずり回り、「営業成績」という「結果」を出さなければならない立場でした。もっとも、総合職の立場でしたので当たり前と言われれば帰す言葉もありませんが。 

そして今は「孫請け」の立場ですが、もちろん「節電」要請を自治体からも受けております。昨年度もそうでした。出入り業者からもメーカーさんの苦労を日々聞いております。先月年度末決算期の棚卸しを手伝った際に某名門メーカーの方とも話しましたが「立場上デモには行けないが、ウチの嫁さんが脱原発運動に関わっている(たぶん署名運動)のでよろしく」と言われた時は嬉しかったです。

なお、本エントリーコメント欄にてのコメントは、のわーるさんにご迷惑をお掛けするので私の方からはこれを持ちまして了とさせて頂きます。
【2012/04/21 12:52】 URL | ダムド #- [ 編集]

了解致しました
ダムド様へ~。了解致しました。大変だったのですね…現場のご苦労もよくご存じと。失礼いたしました。

この問題は自分にとっては到底、議論は出来ないと思いました。何故なら、自分にとって「電力足りてる」状態というのは、机上の計算ではなく「せめて40度は超えない労働環境」とか「サマータイムはせめて7月~9月」とか「土日休日シフトをしないで済む」とか、そういった「現実」が実現出来てはじめて納得出来る事だからです。
誤解ありませんようにとお伝えすれば、自分も原発いやだし署名したし脱原発は必然と感じ運動に原則共感しています。ただ「電力足りてるのに東電にダマされて『電力足りない』とか言うのは愚か」だと見下すような主張は、共感を得られずかえって、脱・原発に障害になるだろうと思うのです。

管理人さんにご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません。
自分もこれで終わりにします。
自分はしばらく頭を冷やし、しばし読むだけの人になろうと思います。
【2012/04/22 12:31】 URL | ふぶら #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/844-0cb392d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター