時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
国会に行こう
昨日の余波で腰が痛い。でも後悔はしていない。しかし、相変わらず報道は小さいな。無視するまではいかないにしても。

昨日の行動の詳細。13時頃日比谷公園に着くと、藤波心の発言が行われていた。新曲と「故郷」を披露。
C.W.ニコルの発言も行われた。彼は佐高信から「原発文化人」とレッテルを張られ、一悶着あったのだが、その後大きな論争には至らず。まあ、不毛な中傷の域を出なかったので、論争してもグダグダにしかならないのは目に見えているが。
また、被災地にボランティアに言った人たちの物言いには幾分違和感を覚えた。詳述はしないが、一口に言えば映画「ヒロシマ・モン・ナムール」のテーマだ。Tu n'a rien vu …
20120311_02

黙祷の後、坂本龍一、岩井俊二達のトークがあったが、15時を回ったので、デモの出発場所に移動する。大分遅れたが、第9艇団に合流できた。よく一緒に行動している西東京市の団体に遭遇したので、そこに参加、東電前を経て銀座方面に向かう。有楽町の交差点からガードをくぐり、再び日比谷公園方面を歩く。幼い子が「がんばってー」と手を振っていた。
20120311_03

20120311_04

官庁街を練り歩き、経産省テント村前を通り、やがて解散。そのまま国会の人間の鎖に合流。人手が足りない裏側に回ることになった。道路が封鎖され、建物に隣接した歩道は使用できず。セコいもんだねえ。警察も。結果、遠巻きの包囲となったが、めげずに成功させる。しかし、「鎖」だが、中途半端に手を上げていると、腕、肩が痛くなるな。
20120311_06

その後、首相官邸に申し入れを行うこととなり、大勢で官邸前に移動。「野田クンちに行こう!」だ。道路封鎖のおかげで遠回りとなるが、結果的にちょっとしたデモのようになった。大人数のため、途中から殆ど進めない。コールが響き、ドラム・楽器が鳴る。この騒然とした雰囲気には覚えがある。そうだ、6.11、9.11のアルタ前がこんな感じではなかったか。首相官邸周辺をタハリール広場に!いいぞ!
20120311_07

20時頃から三々五々帰宅を始めたが、皆よく頑張ったと思う。これまで毎週のように各地で繰り広げられてきたデモの経験が、国会、首相官邸前おいて活かされていた。このことの意義は小さくない。この勢いをこのまま続けたいものだ。下らない内輪揉めで崩壊などして欲しくないと思った。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
開演のベルが鳴り…。
いや本当に皆頑張りましたよ。 

私が現地に到着したのは午後2時すぎ位。黙祷前(だったかな?)のステファノとかいうオペラ歌手の歌が圧巻でした。フライング・ダッチマンの曲と同時に移動開始、気が付いたらいつの間にか「大飯原発再稼働反対」グループの中にいました。少しだけお手伝いしましたが、拡声器って結構重いんですね。 

それにしても今回は外国人参加者や外国メディアが多かった。確認出来た日本のメディアは岩上氏のとこくらい。東京新聞も来ていたみたいだけど……。

別れ際、のわーるさんに「キャンドル」渡すのを忘れてしまいました。気が利かなくて申し訳なかったです。 

そろそろ秋山さんが動画をアップする頃かな?。
【2012/03/13 03:21】 URL | ダムド #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/802-f99ffd15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター