時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
「311」で、「撮る」ということ
映画「311」(監督:森達也、綿井健陽、松林要樹、安岡卓治)の感想を記そうかと思ったが、どうも整理できていない。
結論から言うと、悪くないと思った。毀誉褒貶真っ二つに分かれるようだが、私の印象は決して悪いものではない。震災ルポのひとつには違いないが、風景論的であり、私小説的でもある。また、共同監督のはずだが、森達也がズカズカと突撃して回る姿がやたら印象に残っている。尤も、撮影しているのは他の監督達だが。
上映後、綿井健陽のトークがあった。「リトル・バーズ」でイラクを撮った時との共通点と相違点について質問しようとしたが、同じ質問を司会者に先取りされてしまい、ちょっと拍子抜け。回答としては、空爆の破壊とは圧倒的に規模が違うとの事。全てを根こそぎ浚っていくような全面的な破壊は、戦場では全く見られないものだったいう。
帰り際、綿井監督と少し言葉を交わす。彼は以前、「写っているけれど撮っていない」というテーマについて、記していたことがある。「写っているだけでは駄目で、撮ることが我々の使命である」そんな内容だ。
そこで、「この映画はちゃんと撮った作品だと思いました」告げると、「いやー、勿論、撮ったんだけど、写っちゃったところもあるんですよねー」との回答だった。ある意味、先程の質問より酷だったかもしれない。

311を撮る311を撮る
(2012/03/03)
森 達也、綿井 健陽 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
太陽のこどもや大地のこども。
震災関連だと他にも「無情素描」大宮浩一監督や「トーキョードリフター」松江哲明監督など今後も注視して行く予定です。 

そして「311」。死体を撮影したことに対して早くも批判的な声があちこちから挙がっているようですが、本作はドキュメンタリー映画ですから惨禍を伝える上で必要不可欠だと思うのですが、そうまでして「無味無臭」な無菌社会にしたいのでしょうか?「絆」という言葉で人々を思考停止状態に追い込み、立ち止まって後ろを振り向かせない社会は間違いなくファシズムの台頭を招くと思います。
【2012/03/07 03:32】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: 太陽のこどもや大地のこども。
> 松江哲明監督
彼は311に大分憤慨していたようです。確か「映芸」でも叩いていたと思います。「あんにょん由美香」の監督が、どんな方法でアプローチしているか、注目したいですね。 

> 死体を撮影
映画の中ではほんの僅か。手が見えるかどうかというくらいですね。あの場面はむしろ、撮影をめぐって揉めているシーンといった方がいいでしょう。
インチキなテレビ番組は別として、報道の世界では、遺体の映った映像って珍しくないですね。イラクやパレスチナの人々の遺体の写真は私も散々見ています。ホロコーストの死体の山とか、今の日本では見せないのでしょうか。
【2012/03/07 22:57】 URL | のわーる #- [ 編集]

そうでしたか…。
>あんにょん由美香 

ポレポレのレイトショーで観ました。平野勝之氏へのインタビューシーンについて、当然2人の関係は松江氏も知っている筈…もうちょい気遣って欲しかった…ただし「それ」が映画的にふさわしかったかどうかは私自身結論を出せません。でも、それで良いと思っております。あれから約3年松江氏自身がどうなったかは自分の目で確かめてみます。

「遺体」と書くべきでした。不明を恥じます。 

BPOあたりから何を言われているのか分かりませんがもはや「手錠」にまでモザイクをかける昨今のテレビメディアには言葉もありません。
【2012/03/08 01:03】 URL | ダムド #- [ 編集]

Re: そうでしたか…。
> 「手錠」にまでモザイクをかける
あれ、意味がわからないんですよね。被疑者の顔は晒し者にしているくせに、何で手錠にモザイクを入れるのか。何の意味があるのか。幾ら考えても理解できません。
【2012/03/08 23:37】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/795-b42c02d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター