時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
プライバシー・クライシス
昼間のゴタゴタで精神的に不安定な状態にある。自責感が抜けきらないので今日は簡潔に。
グーグル騒動。以前から騒がれてはいたが、情報をあまり持っていないので詳細はよく判らない。グーグルのアカウントは持っていないが、気付かないうちにグーグルと連携した機能を利用しているかも知れない。くわばらくわばら、決して他人事ではない筈だ。
藤本由香里氏のツイッターより。
googleの新しいプライバシーポリシーが今日から発効しました。これに対してもEUが強い危機感を表明し、抗議をしています。これにより個人のメールや検索等の情報がすべてgoogleで串刺しにされます。そしてアメリカ政府が要求すればそれは開示される可能性が高い。
オーウェル型の監視装置として機能しうる体制になったということだろうか。電子書籍の著作権問題といい、この周辺は危険な動きばかりだな。

Googleとの闘い―文化の多様性を守るためにGoogleとの闘い―文化の多様性を守るために
(2007/11/28)
ジャン‐ノエル ジャンヌネー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
Search and Destroy
>googleの新しいプライバシーポリシー。 

なんかこれアンドロイド型のスマホもすべてアウトになるみたいですね。そうなるとド○モのGA○○XY端末持ってたら…そうか!だから大手マスコミが一切報道しないのか、成る程。Google中国撤退の時はあれほど大きく報道した癖に。かといって、○phoneも一時期位置情報が云々言われていたような……。「そんな窮屈な世の中は嫌だ」って事で、専修大学・日本ペンクラブ共催シンポジウム、自主規制と公権力介入を考える、へ行って参りました。平日なのに会場はギッシリ満員御礼、目からウロコとはいきませんでしたがやはりペンクラブのイベントにて著名人たちがあの場で話す事はインパクトが大きいと感じました。残念ながら山本太郎氏は舞台稽古が長引き来れませんでしたが、その代わり「性表現規制」について真剣に意見をぶつけ合えたのは大きいと…。しかし田原屋のオッサン、「イ○モツ勃起」を連呼しまくり煽っていましたが、他のパネリストが喋り終わっていないのに、言葉をはさんでくるのには辟易してしまい、モデレーターの山田健太氏も困惑しておりましたが、結構爆笑場面もあり、個人的には大変参考になりました。
【2012/03/02 01:30】 URL | ダムド #- [ 編集]

3月1日は
3月1日は「忙中閑有」で都議会傍聴~。かの「非実在青少年」問題な都条例改正案に、自公の凄まじい野次にも負けず敢然と論を張った松下玲子都議の一般質問がありましたので。6名の都議さんの質問聞いたけど、数十人とはいえ松下都議の時が一番傍聴者多かったですし、若い方も何名か。相変わらず敢然と都知事に皮肉の効いた賛辞送る等、松下都議は意気軒昂。
尚、議会の警備員さん達はとっても親切でした(*^_^*)「今日は松下先生が一番ですよねッ?!(にこにこ)」なんておっしゃるお一人は多分、松下都議ファンだと勝手に断定~
夜はダムド氏と同じイベントに行きたかったのですが残念ながら…まさか数ヶ月前に確保した東京宝塚劇場での観劇日とカチ合うとは(涙)…まぁサブカルにも貢献度大なる日本独自の「男役」文化を堪能しました。花組の名オッサン役・悠真倫(今度、副組長)…上手いなぁ…マジにオヤジにしか見えへん!
【2012/03/02 22:31】 URL | ふぶら #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/790-bddb1f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター