時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
フツーの仕事がない!
ワタミの問題は今更コメントするまでもないと思う。まさに「蟹工船」であり、流石に今後、あのチェーン店は利用する気がしない。もっとも、あの種の店はどこも五十歩百歩だろう。若き日のマルクスの、「疎外された労働」という言葉を思い出す。
従業員は常に失業の不安にさらされ、雇用者はますますそこにつけ込んでくる。こんな中では、ボイコットもありだろう。今の構造では、消費者がこのまま利用を続ければ、それだけ労働者が追い込まれていく。この種の産業は消費者が求める以上のサービス(労働者の犠牲)を次々に提供する。常に消費者の先手を打つ。それが企業の論理というものだ。
為政者達は「今の経済なら増税は可能」とのたまう。他方では、「貯蓄ない世帯 過去最高28.6%」の記事が踊る。行政が一般市民の抱くリアリズムから、いかにかけ離れているかを如実に示している。この社会はブラック企業化しつつあるのだ。「あの男」がワタミの社長にアドバイザーを打診したことはひとまず措くとしても、である。
「世の中甘くない」「お前の敵はお前だ」的なセリフは支配者たちが他人を従わせるための常套句だ。常に強者の側につくマスメディアは、弱者の味方のふりをしながら、今日も服従と自己懲罰のイデオロギーを振りまき続ける。
このまま踊らされ続ければ、社会はますますブラック企業化する。為政者や企業家たちの幸福は、私たちの抹殺の上に築かれている。嘗てニザンは言った。「もはや憎むことを恐れてはならない」と。踏み潰されることに同意なんかするものか。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
Hate And War
仕事ついでに寄り道した某家電量販店で40インチサイズの液晶テレビがついに3万円代で売り出されていましたよ。平日のせいもあるけど私以外に誰一人物色している人はおりませんでした。当たり前です。こんな世の中なんですから。

それにしても、ワタミの経営者の詭弁は、いかにもですが、見過ごせるはずもありません。生身の人間を「死」に追いやったんですから。ここ数日テレビニュース視ていないのですが、本件の判決は報道されたのでしょうか?大体想像はつきますが。
【2012/02/24 01:16】 URL | ダムド #- [ 編集]

死ね死ね団
私がタバコを止められないのも、私の給料が低いのも、今夜のメシがカレーなのもすべて「憲法9条のせいだ!!」って言えば良い事になっていますな。
【2012/02/24 20:50】 URL | ダムド #- [ 編集]

チャップリンの独裁者
> すべて「憲法9条のせいだ!!」って言えば良い事になっていますな。
これについては背景があるので、後程記事に纏める予定です。
それにしても、大阪市民は、絶対に権力を持たせてはいけないタイプの人間を当選させてしまいましたね。
【2012/02/24 23:33】 URL | のわーる #- [ 編集]

原因は全て…な訳ない事ぐらい普通判るし(苦笑)
何で放射線量問題ない被災地の瓦礫処理の拒否問題が「全て原因は憲法9条」なのか、その理路全く不明ですが…そんな無茶苦茶な事をまがりなりにも法治国家で為政者がよくもまぁ。
ってか憲法大事にせぇへんで政治家よぉやりよるなぁとニセ関西弁で呆れてしまいました。こういう無茶言いよるから余計瓦礫の受け入れとか話ややこしゅうなるねん。
まあ話題になりさえすれば無罪なんでしょうか?(笑)
ともあれ自分の中年太りもお顔のシワも肌のたるみ・くすみも全て原因は(以下略(汗))
【2012/02/24 23:43】 URL | ふぶら #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/782-99137307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター