時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
「むちゃくちゃ生きていたいんだよ、俺は」
雑誌「情況」を購入。復刊以来、もう潰れる、もう潰れると十数年前から散々噂されていたが、いまだに持ちこたえている。のみならず、廣松本やネグリ本など重要な書物を刊行している以上、この体力は侮れない。誤字の多さは相変わらずとしても、である。
さて、今回の購入の目的は、巻頭にある山本太郎インタビューである。3.11からこれまでに至る運動の経緯を平易に語っており、なかなか読ませる内容となっている。勿論、以前から運動に携わってきた人たちは多く存在するが、ここは新たな仲間が加わった事を素直に歓迎するべきだろう。ただ、運動を続けていると、変な泥沼に足を絡め取られる事がよくあるので、その点は注意して欲しいと思う。彼にはそんな事にはなって欲しくない。
編集後記を見ると、編集部の連中もすっかり惚れ込んでしまったらしい。こうした交流の広がりは実に愉快である。だが、ブント系の付き合いが出来たということで、また太郎の仕事が減ってしまいはしないか、ちょっと気がかりだ。過去を遡ると、有名タレントでは中村敦夫がこの雑誌の座談会に出席していた事があるのだが。

情況 2012年 02月号 [雑誌]情況 2012年 02月号 [雑誌]
(2011/12/29)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
へー
早速読んでみるわ。
面白そう。
読んだら感想送ります
【2012/01/10 23:59】 URL | ないと #- [ 編集]

あっしにゃ関わりのないことでござんす。
太郎君ブント系とのお付き合いですと?大事なければ良いのですが(汗)。代々木公園、NO NUKESデモの時は気さくに一般市民と会話していたけど「いい顔」していたなぁ…。 

>中村敦夫 

去年11月に明大前で朗読劇やっていたのね…同じ沿線住民としては今ごろ知ってがっかり(ため息)。俳優座時代は我がヒーロー成田三樹夫と同期。個人的には政治家としてよりも今現在のスタンスがちょうど良いかもしれませぬ。ウチの母親と同世代なのでたとえ嫌でも気になってしょうがない人物です。 

追伸、サンドラ・ジュリアンの動画を視てしまった。東映の時代劇エロスだけど(笑)。
【2012/01/11 01:01】 URL | ダムド #- [ 編集]

ジュテームはさよならの始まり
>中村敦夫 
笠原和夫によれば、あの人、渡世人を演っていたくせにヤクザ映画を軽蔑していたようで、出演をとことん断っていたとか・・・でも、俳優としては嫌いではないです。

>サンドラ・ジュリアン
「徳川セックス禁止令」で、ハンモックに揺られながらバナナを頬張っていたのが妙に記憶に残っています。DVDで観て爆笑、新文芸座で大勢で観てまた大爆笑。裁判で係争中の、日活へのエールとして作られたものですが、今日でも刺激的なテーマですね。
【2012/01/11 21:11】 URL | のわーる #- [ 編集]

Re: へー
>ないとさん
「ドイツ緑の党」の人の記事も中々面白かったです。(^O^)/
【2012/01/11 22:13】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/736-dfc9e985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター