時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
ビン・ラディンを求めて
東映の岡田茂が亡くなった。
まさに東映の黄金時代を築いた立役者である。この会社がが無茶でアナーキーな映画を量産したのは彼あってこそだった。鈴木則文も、深作欣二も、笠原和夫もこの人がいなかったら、後世に名を残すことは難しかったのではないか。
それにしても著名人の訃報が続く。やはり吉本隆明のいう、「無意識の殉死」ということなのかと思えてしまう。

「ビン・ラディンを探せ! ~スパーロックがテロ最前線に突撃!~」(監督:モーガン・スパーロック)を観る。
監督のスパーロックは「スーパーサイズ・ミー」の人なので心配だったが、予想以上に好作と思えた。
序盤、演出が奇を衒い過ぎているため、またこの手のおふざけバラエティ映画かと思ったが、中盤以降は素直な作りに終始していて好感が持てる。サウジアラビアはもっと世俗化しているかと思ったら、そうでも無かったのは少し意外。
「我々は自分達の内なる悪魔を恐怖している」という結論は当たり前の事柄ではあるが、そこには謙虚な姿勢が窺われ、決して悪くない。
時期的にタイムリー(?)なので、お勧めしたい。

悔いなきわが映画人生―東映と共に歩んだ50年悔いなきわが映画人生―東映と共に歩んだ50年
(2001/06)
岡田 茂

商品詳細を見る


ビン・ラディンを探せ! ~スパーロックがテロ最前線に突撃!~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]ビン・ラディンを探せ! ~スパーロックがテロ最前線に突撃!~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]
(2011/01/26)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/445-bf3b529c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター