時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
ジェイソン柴又慕情
ディズニーランド夜間営業再開。ナイター自粛の話は一体何だったんだ。子どもに夢を与えるというなら野球だって同じだろうに。
あと、パチンコについて、取り立てて擁護するつもりは無いが、今のやり方だと「気に入らないものを抹殺せよ」ということにしかならないぞ。節電のためと巷間語られているが、信憑性の疑わしい情報を元に規制するというのはどこかで見た構図だ。ロジックがよくない。

「13日の金曜日 完結編」(監督:ジョセフ・ジトー)を観る。
何作か観ているうちに、これは誇張抜きに、ホラー版の「寅さん」であることに気が付いた。
ストーリー構成は毎回同じ。クリスタル・レイクのキャンプ場に若い男女がやって来てイチャつきだし、ケラケラ愉しんでいるところをジェイソンに襲われるというもの。観ている方も、判っていながら同じパターンを期待している。段々どれがどの作品の内容だったかわからなくなってくるのが困りものだ。
ストーリーの前半にベッドシーンが現れるのはこの種のホラー映画のお約束。観客がいい加減苛立ってきたところで、怪物なり殺人鬼なりが登場し、溜飲を下げるという構図である。
有名なホッケー・マスクが登場するのはこの3作目で、ここで初めてジェイソンがキャラクターとして確立したといえる。それまでは曖昧な殺人者だったジェイソンであるが、彼が「顔」を手に入れることで、観客はそこに一個の独立した人格を見出すことが可能になるのだ。これは記号学的にもっと考察されてよい事柄である。
本シリーズは4作目で一旦完結を迎えるのだが、その後も続編が作られているのは周知の通り(「ヤマト」みたいだ)。未見の作品もおおよその内容は知っているが、ここでは触れない。鑑賞後においおい語ることにしよう。そういえば「ジェイソンX」ももう一度観たくなってきた。

13日の金曜日 PART4 完結篇 [DVD]13日の金曜日 PART4 完結篇 [DVD]
(2007/08/24)
キンバリー・ベック、E・エリック・アンダーソン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/418-ebb60b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター