時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
走れ、ゾンビ!
「ゾンビランド」を観る。段々この映評もゾンビ映画千本ノックの様相を呈してきたな。
一口にゾンビ映画といっても、その傾向は多岐にわたる。本作は軽妙なタッチで作られた、コメディ映画である。
世界中がゾンビに覆われつくした中、独自のサバイバル・ルールに基づいて生き延びた主人公。そんな彼が、わずかに生きながらえた仲間達と共に旅に出る。
道中、喧嘩をしたり、手ひどい裏切りにも遭遇する。だが、いつしか彼らの間には家族共同体的な関係性が芽生え、親密な一体感に結ばれていく。最終的に主人公は、これまでの自分はゾンビと同じ、生きた屍のようなものだった、自分が求めていたものは、こうした「家族」だったのだと結論する。
ゾンビがやたら元気に走り回るが、あまりホラー色は強くなく、爽やかな後味を残す作品だった。

なお、後半にビル・マーレイがカメオ出演するが、確信犯的な出オチで、予想通りの展開を見せてくれている。

ゾンビランド [DVD]ゾンビランド [DVD]
(2011/02/04)
ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/364-73a85809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター