時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
「正義ははた迷惑だ」 鶴見俊輔
相撲界の八百長が話題だ。まあ、今に始まったことじゃない。ある程度ダークな部分はあった筈で、聖人君子たることを求めようとは思わない。まあいい機会だし、色々オープンにしたらいいんじゃないかと思う。

格闘技では、プロレスが八百長であることは親から散々聞かされてきた。そのせいか、今日に至るもプロレスには積極的な関心を抱いていない。
だが、長じて後、プロレスファンの話を聞いて大分印象が変わった。要するに、「ギミックで何が悪いのか」ということだ。プロレスは、勝ち負けを含めた一定のストーリーが予め決められている。これを逸脱すると大事故に繋がりかねない。そうした枠組みの中、鍛え抜かれた肉体で、どれだけ素晴らしい技を観客に見せていくかが勝負であるという。
成程な、と思う。

相撲とプロレスは性格の異なる競技であり、同一視は出来ない。ただ、純潔化を求める風潮に些かうんざりしているのは事実だ。事実関係が明らかになっても、ヒステリックに拳を振り上げる風潮には加担したくないと思う。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/326-e9d9c2e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター