時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
人の振り観て我が振りなおせ
後先を考えず、図書館でごっそりと本を借り入れる。ンな量、読むヒマなど無いだろうと思いながら、重い荷物を抱えながら帰宅するのだった。

知人の慫慂で、アフガン戦争・イラク戦争のドキュメンタリーを観る。少し前にテレビ放送された番組を録画したもの。改めて、米軍のアフガン政策の杜撰さを思い知る。人の心を摑むなんて、そうそう生易しいものではない。
イラク戦争の方は、丁度ブライアン・デ・パルマが「リダクテッド」で描き出した世界だが、PTSDに悩む兵士達の姿は若松孝二の「キャタピラー」を想起させた。そうか、あの映画は過去の戦争を描くと同時に、現代の戦争を射程に収めていたのだなと、実感として納得する。過去と現在がストレートに繋がり、ストンと腑に落ちた格好になった。
それにしても、あの国は何も反省しないんだろうなぁ。他人事ではない。彼の国に、自らの醜い鏡像が見出されないか、注意して検討する必要がありそうだ。

リダクテッド 真実の価値 [DVD]リダクテッド 真実の価値 [DVD]
(2009/03/06)
パトリック・キャロル、ロブ・デヴァニー 他

商品詳細を見る


キャタピラー [DVD]キャタピラー [DVD]
(2011/04/06)
寺島しのぶ、大西信満 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/305-52da0480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター