時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
乗り越えられた<虚構>
ここ一ヶ月程、体調を壊していたため間が開いてしまった。扁桃腺が腫れて夜眠れなくなり、数日経って収まったと思ったら咳が止まらずにまた夜眠れなくなり、さらに数日を経て酷い頭痛と嘔吐感に苛まれた。病院で貰った薬を飲み続け、漸く落ち着いてきたがまだ完全ではない。

「長嶺大使がまた韓国へ行く。慰安婦像を容認したことになってしまった。あの少女は可愛いから、皆で前まで行って射精し、ザーメンまみれにして来よう」
話題の筒井康隆のツイートである。これに対して、「筒井は歳をとって劣化した」という意見も見られた。
だが率直に言う。筒井康隆は劣化しているわけではない。相変わらず気を衒うことに終始し、裏の裏が表であることに気付けない男である。昔からまるで変わってない。
わたしは中高生の時分、筒井に入れ込んでいたので、作家としてのかれの基本的な姿勢は理解しているつもりだ。パロディ化し、ドタバタ喜劇の世界に放り込み、ブラックな笑いを掻き立てる。それが筒井の作風である。やがてこの作家は徐々に前衛文学へと接近していったが、一方で価値相対主義の最悪の面をいつも携えていたと思う。それがブラックユーモアとして機能する時は強みとなり得たが、危うい側面も備えていた。今日、その奇抜さはネット右翼に追いつかれ、劣化した体制側、支配層に都合のよい言説として受容されるに至った。取り込まれていくことの怖さについて、あまりにも無防備といえる。
小説「虚航船団」のあたりから、彼は「現実の虚構性」について屢々言及するようになった。私達の生きるこの現実さえも虚構・フィクションとして見做すこと。わたしがこの作家に違和感を覚えたのはこの頃である。彼の言い分は別に真新しいものではない。世界を、認識主体が作り出す虚構として捉えるものである。今ここにある現実は、自分と言う主観を通したフィクションなんだ。客観的な視点なんて存在しない。全て主観によって汚染されているのだ。
そこまでは間違っていない。だが、わたし達は何らかの関係性のうちに構築された、間主観的な約束事の世界を生きている。認識論としては世界は虚構と言っても差し支えないが、素朴な意味で世界は堅固な現実であるとみなしてよい。ただ、それが絶対的なものではないことを忘れなければよいのだ。わたし達は夢物語を生きているわけではない。
もっとも、わたしが当時覚えた違和感はもっと単純なものである。いじめや貧困、差別を面白おかしいフィクションとして見做されたらたまらないというものだった。この生理感覚は間違っていないと思う。
筒井はフロイトにかぶれたおかげで政治の魅力にとりつかれずに済んだと記している。政治は愚劣である、そんなものに振り回されて溜まるか。そうした姿勢はわたしも嫌いではない。だが、彼は政治・社会と対決することによってそれを成し遂げるのではなく、政治・社会をかわし、やり過ごすことで現在に至ってしまったといえる。早い話、無知なまま過ごしてしまったのだ。
彼の頓珍漢な社会意識は、例えば永山則夫の文芸家協会加入問題についてもいえることだった。「作家なのだから、自分が殺人を犯す可能性があるということに想像力を及ぼさなくてはならない」と彼は言う。だが、永山問題の本質は、わたし達が作家であるかどうかではない。人権の問題である。死刑囚だからといって、協会加入を拒否するのはどういうことか。不当な差別ではないかということである。これについては柄谷行人が正当に筒井を批判していた。
筒井が奇抜な「無茶振り」をするのは今に始まったことではない。「戦争は人口抑制のためと考えればよいことなのではないか」とも彼は記していた。勿論、真面目に捉える必要は無い。問題は、この底の浅い価値相対主義にある。根を持たない。絶対的な足場を設けない。突拍子も無い思い付きを並べたような、筒井的ポストモダニズムが、ネット右翼の思考にぴったりと重なってしまったのが今回の事件である。
わたしたちが目の当たりにしているのは、筒井的なポストモダニズムが反知性主義によって乗り越えられた瞬間なのだ。そして、これはこの社会が途方も無く劣化したことの表れでもある。奈落の底は、もうそこに見えている。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1557-900b93ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター