時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
あの日
「3月11日。一年に一度だけ亡くなった人々に黙祷を捧げ、原発事故を思い出す日。お前たちにとって、大切なのは「この日」だけなのか。」
そう批判する人たちがいる。恐らくその批判は正当だ。だが、この国の人間の多くは、忘却する、水に流す、無かったことにすることを得意とし、自らの過ち、敗北、喪失を浄化しようとしてやまない。痛ましい過去の一切を記憶の彼方から排除した挙句の果て、原発を再稼動し、放射能汚染を無かったことにし、歴史を書き換え、教育勅語を再評価する。
日付とは手掛かりだ。亡失される過去を、再び眼前に突きつけるためのきっかけは必要なのだ。わたし達はそれが不断に突きつけられた問いかけであることを自覚すると同時に、6年前の「この日」に思いをいたさなければならない。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1555-096f00c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター