時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
日本から少し離れて~大陸編 (2)
そろそろ落ち着いてきたので、杭州訪問記の続編をUPする。例の件は今も腹に据えかねるが、このまま記憶から葬り去るのは忍びない。駄文ではあるが、ここに掲載することとしたい。

杭州は今や建築ラッシュである。そこら中に工事中の高層建築が見受けられる。よく見ると建物のデザインが日本とは異なり、土色のビルが目立つのが特徴である。高速道路から外の景色を眺めながら、異世界を旅するような不思議な感覚に捉われたものだった。
IMG_1912.jpg  IMG_1914.jpg

移動中、大きな冷却塔を目にする。すわ、原発か!?と思われたが、確認したら火力発電所とのことだった。実際、原発も杭州付近にあるにはあるのだが、地図で確認すると、位置的にまだまだ遠方にある模様だった。

IMG_1935.jpg


杭州といえば、世界遺産に指定された「西湖」が知られる。残念ながら、今回はこれを見る機会は得られなかった。その代わりというわけではないが、夕方、食事処の近くにあった、大きな運河を案内された。聞けばこの運河の歴史は古く、隋の時代のものであるという。隋の運河といえば煬帝。現地のスタッフに確認すると、それで間違いないという。ははあ、これがかの煬帝の大運河であったか。私も歴史に名を残す愚王としてその名を聞いているが、いざ現物を目にしてみると、「すげえ!」というしかない。もっとも、現在の運河は当時のものを大幅に延長・拡大したものであるが、それでも印象は変わらない。きららかな夜景に見とれながら、遊歩道を練り歩いたのは、この地での最大の観光体験であった。

IMG_2017.jpg IMG_2014.jpg IMG_2028.jpg IMG_2030.jpg
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1548-02c1416f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター