時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
巨人の死
歴史上にその名を確実に残し、最期まで全世界に影響を与え続けてきた人物が亡くなった。既に第一線からは退いていたとはいえ、フィデル・カストロ・ルスが世を去った衝撃は、決して小さいものではない。その風貌のみに限らず、とにかく「でかい」男だった。
ゲバラに比して、カストロを貶める言説は、今も耐えることが無い。わたしに言わせれば両者とも同じような過ちを犯していたし、また、ゲバラはロマンに逃げたのではないかという疑問もあった。だからといって、カストロに政治的擁護を加えるわけでは無かったが、この年老いた同時代の「コマンダンテ」の動向は常に気にかかっていた。
反対勢力に対する苛烈な弾圧は屢々耳にした。その一方で、「カストロ節」と呼ばれる彼の言説が、事理に対する恐ろしく鋭い洞察を示していることに圧倒されることも多かった。キューバを無批判に礼讃する人々に同調はしないが、決して単なる独裁者で済まされる人物ではないことは理解していた。「銅像無き権力者」という呼称は、自身への偶像崇拝を嫌った彼の性格を端的に示している。
彼に関する逸話は数多い。ニューヨークでのハーレムでの滞在、国連での四時間半に及ぶ演説等々。だが、私が注目したのは、冷戦後における各国への医療チームの派遣だった。革命の輸出に代えて、医療の輸出へ。様々な方面から伝え聞くキューバ社会の負の側面、その多くは信憑性のあるものだったが、その一方で、各国が模範とするに足るような人道支援を継続する姿勢に、不思議な思いを禁じえなかった。「ますます評価が難しい人だ」、わたしがカストロについて語るときは常にその地点に立ち返っていた。
彼の発言で今も尚印象に残っているのは、次のようなものである。
「ある重要な生物種が、その自然な暮らしの状態を急速に破壊することによって、絶滅の危機に瀕している。それは人類である。我々は、それを食い止めるには、もはや遅すぎる時期にいたって、今ようやくこの問題に気づきはじめたのだ」
彼はこの演説で、一握りの人間が世界中の資源をほしいままにすることで、地球環境を破滅的な危機に導いているのだと指摘した。この問題は今も尚、生々しい。現在問題になっているTPPをはじめとする自由貿易協定にも直結する事柄である。この演説は2009年のものだが、わたしたちの社会の状況は、当時から一向に改善されていない。
「私は自分自身の独裁者であり、国民の奴隷である」オリバー・ストーンの映画で彼はこう語っていた。たとえ建前であっても、このような発言は凡百の政治家の口からは決して出てくるものではない。フィデル・カストロが不在となった今日、その最良の部分に思いをはせることは有効である。「フィデルだったら、こんなときどう思うだろう?」

manics.jpg
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1539-dfb96190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター