時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
欅坂再説
どこかの国の大統領が言っていた(曲解して)
声を上げない者たちは
賛成していると…

選べることが大事なんだ
人に任せるな
行動しなければ
Noと伝わらない
(サイレント・マジョリティー)

欅坂46の代表曲「サイレント・マジョリティー」を聴いた。何せ秋元の歌詞である。内容はベタで捻りがないし、婉曲、暗喩といった技巧的な要素は一切無い。美空ひばりに歌わせた「川の流れのように」にしてもそうだが、どうしても詞としては陳腐さが目立つ。
だがそれは措くとして、詞の内容自体は「大人たちの支配に対する叛逆」を歌ったもので、決して奇矯なものではない。むしろ、反ファシズムの歌としても通用するものである。青春歌曲としてのテンプレには違いないが、アイドル・ソングとしては充分に鑑賞にたえるものだろう。
SS風のコスプレがアイロニーを込めたものか、何も考えずに行われたものなのかは知りようもない。ただ、一方的にレイシスト集団だの、「売女」だのといった、人としての尊厳を貶めるような口汚い罵詈讒謗がみられた。
活動家だか便乗だか知らないが、結局この手の連中は、「叩いている俺はエラい」という、歪んだ自己顕示しか頭にないのだろう。立場の弱い者に対してはひたすら攻撃的に打って出る、嗜虐性の愉楽に溺れた、醜い人間の浅ましさが曝け出されていた。しかも多くの人々はそれを今も尚正義と信じ、カッコいいと思っている筈である。
わたしの結論は以前述べたとおりで変わらない。「何故、いかに」の問題だけである。そこに譲れない切実なものがあったのなら、そう訴えればいいのだ。

今日、運動圏においても、人文学は依然として軽んぜられたままである。重視されるのは報告文書と政治教程であり、本質的には体育会系のノリと変わらない。そこでは人間性への思索は一切無く、予め決められた良識のみが重視される。「表現者は良識を守れ、価値を疑うな、良識の幇間たれ」と。
当然、彼等が内容を思考することは全く無い。ひたすら思い込みと決め付けで潰しにかかる。全ては自己顕示のため。自分は偉いと誇示するため。レッテルを貼り、吊るし上げ、集団リンチに晒す。異論を抱くものは徹底的に抹殺される。敵として叩いた方が都合がいいのだ。かくして「敵」はひたすら再生産され、世界は邪悪な「敵」にまみれた姿で描き出されことになる。自分たちは孤軍奮闘の光の戦士とでもいうのだろう。
手塚治虫の「ジャングル大帝」が差別文書として吊るし上げられたことは記憶に新しい。そのうち白土三平や中沢啓治さえ「差別主義者・レイシスト」として糾弾される日が来るのかもしれない。

言い訳はきかない。如何に反差別を題目にしようとも、愚劣な運動は愚劣であるとしか言いようが無い。こんなものが運動を名乗るとしたら、そんなものは滅びてしまったほうがいいのだ。

ルールを説くけど
その目は死んでいる
(サイレント・マジョリティー)
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1538-3d6c78cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター