時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
作品が政治的になることを恐れるな
フジロックに関し、「音楽に政治を持ち込むな」などという珍提言が、ネット上を賑わした。
言うまでも無く、ロックはしばしば政治と交錯してきたし、ボブ・ディランからジョン・レノン、クラッシュ、レイジと数え上げればきりが無い。「アンガジュマン(参加)の芸術」などという仰々しい物言いには同意しないが、創作活動が社会と切り結ぶ契機は常に存在するのであり、作品が政治に踏み込んだとしても、それ自体は何ら不思議なことは無い(勿論、政治的な作品がすなわち良い作品になるというわけではない)。
だが、この種の潔癖主義は今に始まったことではない。近い例では「美味しんぼ」騒動が挙げられる。このときも、「風評被害」「福島差別」という出鱈目な罵詈雑言に交えて、「マンガに政治を持ち込むな。マンガは読者を楽しませるものであり、作者の意見を述べるものではない」という言説が現れた。
おそらく、この手の論者は手塚治虫も読んだことが無いのだろう。彼が生み出した今日的なマンガ表現は、敗戦から産声を上げたのであり、そこには草創期において既に、戦争・貧困・差別が生々しく刻印されていた。勿論、ここには同時代の映画の影響もあるのだが、映画もマンガも、共に社会と向き合い、伴走していたのである。
作家とは自らの世界を表現する者である。たとえそれが生のままの主張ではなくとも、そこには必ず作家の<自我>が何らかの形で表出される。そこを蔑ろにして、「鑑賞者を楽しませることだけを考えろ」というのは、倒錯した論理である。これは作家に表現をやめろというに等しい。
わたしたちは、今日までの歴史において、「政治に役立つ作品こそがいい作品だ」などとぬかすバカから、創作の自由をかち取ってきた。この種の文化スターリニズムに対しては断固として闘わなければならないが、同時に、わたしたちは「作品が政治的であることを恐れる必要は何も無い」と言わなければならないのだろう。作家は自分の内的必然性に従って創造活動を行うのだ。下らない枷を設けるな。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1522-a027cadc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター