時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
日本から少し離れて~大陸編 (1)
震災の翌日、仕事で杭州に行くことになった。自称愛国烈士サマがこよなく愛してやまない中国である。熊本からのおぞましい被害状況が伝えられ、醜悪な流言蜚語が飛び交う中、後ろ髪を引かれる思いだったが如何ともしがたい。

三里塚の空港を飛び立って4時間弱、昼過ぎに無事杭州空港に降り立った。中国である。私にとって、初めての大陸である。昨年、初めて海外の地を踏んだときと同様、しばし呆然とした。でかい!何かうまく言えないが、とにかくでかい!それがこの地の強烈な第一印象である。
世界史のおさらいをしよう。杭州とは南宋時代は臨安と呼ばれ、商業経済が大きく栄えた場所であった。わが国とも平清盛の時代に日宋貿易が盛んに行われていたことはよく知られている。マルコ・ポーロが「東方見聞録」にこの地のことを「キンザイ」という名で記していることをご存知の型も多いだろう。
司馬遼太郎も「街道を行く 中国・江南のみち」で、この地のことをやや詳しく紹介している。興味のある方は手にとってみるといいだろう。だが改革解放政策が進められ、高度に資本主義化した現在、流石に司馬が歩いた当時の雰囲気とは、まるで比べ物にならない。予習のつもりで目を通しておいたのだが、あまり参考にならなかったことを告白しておく。流石に時の流れをひしひしと感じた。
変わらないのは、自然現象である。杭州湾では、世界的に有名な大海嘯が発生する。海嘯とは、潮の逆流現象をいう。南米でいう、「ポロロッカ」である。年に一度、杭州では大きな海嘯が発生し、ある種の名物ともなっている。
私が訪れた際は時期が大きく異なっていたのだが、車上から名高い銭塘江を眺めながら、様々な感慨に耽ったものだった。

IMG_1910.jpg
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1511-7b57e39e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター