時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
一番美しく ~ 手塚治虫考(3)
手塚治虫に「ダスト8」という作品がある。8つのストーリーからなる連作長編であるが、そのひとつを紹介する。
ヒロインは人気のあるラジオDJ。彼女は、独裁国家で政治犯として囚われているキムという青年を救うため、ラジオで聴衆に呼びかける。キムは彼女の元恋人であり、今も尚、かたい友情で結ばれている間柄であった。
彼女の活動に激怒した社長は、彼女を降板させると脅しつけ、「あなたはただのアナウンサーなのだぞ!」と告げる。実に、既視感のある風景である。
結局彼女はDJの職を失うが、街頭でのアピール、署名を続け、キムの解放に向けて尽力する。彼女はさる事情から、あと一週間の命を宣告されているのだが、限られた時間を全てキム青年の救援活動に注ぎ込む。
やがて工作員からの妨害が入り、拉致・密殺寸前のところでキムが解放されたとのニュースが入る。目的を達した彼女は、安らかに死を迎える。約束の一週間が過ぎたのだ(彼女の死の理由については本作の設定から説明しなくてはならないのだが、煩瑣になるのでここではしない)。

この作品の背景として、朴正煕政権時代の韓国が念頭にあったことはうたがいない。金大中事件や金芝河救援活動が話題となり、大江健三郎や小田実が積極的に運動に携わっていることに、手塚も思うところがあっただろう。
ラジオという媒体で、ここまで露骨に政治犯の救援を訴えることが、正当なことかどうかは議論の余地があるだろう。私の想いを言えば、それが「殺すな」というメッセージならば、踏み込んでも良いと思う。人権に国境は、ない。
だが、ラジオでの呼びかけの是非などはどうでもいいのだ。ここで描かれているのは、ひとりの女性が、友人の命を救うために全てをなげうって尽力する姿である。好きなこともせず、遊ぶこともせず、ヒロインはただひたすら救援活動に没頭する。その姿は限りなく美しく、私などではちょっと真似出来そうにない。本作の主題はそうした人間の強さを描くことにある。

さて、この度幾人ものニュースキャスター、ジャーナリストがテレビのレギュラー番組から姿を消した。偶然の一致などと、とぼけた振りをするのはやめてもらいたい。上からの圧力がかかったのは明らかである。舐めるのもいい加減にしたらどうだ。
降板したキャスター達は、いずれも特別に左翼的傾向を持っていたというわけではない。寧ろ保守派の論客さえも含まれている。公権力とジャーナリズムの関係で言えば、そこには当然に距離が存在する。権力者が愚劣な政策を取れば、批判的な論調が表われるのは当然である。これは政治的立場の左右を問わない筈である。
にもかかわらず、今回の降板劇である。日本の国家権力は、当たり障りのない原稿読みを求めたのである。考える人間である以前に、意思を持たない人形であれというのが彼らの意向だった。高村光太郎風に言えば、「これはもうキャスターぢやないぢやないか」である。
「意見を言う主体ではなく、一個のスピーカーたれ」、これは今日の日本において、社会規範として共有されつつある、余計なことを言わない、考えない、公権力の批判をしない。それが「中立公正」という、市民としての模範的な態度である、と。
だが、中立を標榜する者に碌な人間がいたためしはない。この種の手合いは、中立公正を旗印に、ひたすら物言う他者の意見を潰しにかかる。そもそも一人の人間が客観的で中立公正などということがあり得るだろうか。AIでさえ、環境においてはネトウヨ化するものだ。必要なことは、自分は何者なのか、自分はどうありたいのかを問うていくことである。
岸井キャスター降板後の「ニュース23」は、ワイドショーかと見まごう程に無残な様相を呈していた。私はこの岸井という人物を左程高く評価しないのだが、それでもこの体たらくである。ますますテレビを観る機会が減ってきた。

IMG_1709.jpg
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1509-dc4f709f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター