時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
舐めるな!
はたしてしからば、すでに一歩を踏み出しているはずの日本革命は、いったい、いかなる「歌」をもっているであろうか。 
(花田清輝)


「ラブライブ!」と題するアニメ作品がある。所謂美少女アイドルアニメの一環であり、今も根強い人気を博している作品である。
私は、この作品の歌と踊りには一切興味を惹かれないのだが、ストーリー的には「そこそこ」という評価をしている。序盤の数話は観るのに些か苦痛を伴うが、それを乗り越えると話の流れに馴染めるようになる。
ただ、第一期クライマックスにおける、メンバーの留学をやめさせてしまう件りは、幾ら何でもいただけない。リアリティ及びドラマ作りの常識双方に鑑みて、それはないと思う。そこは気持ちよく見送って「感動」の第一期最終回で良かったのではないか(私は別に感動しないと思うが)。
その他、ダメ主人公の生徒会長就任など、妙な箇所もあるのだが、細かい所にごちゃごちゃ絡んでも仕方がない。全体を通して緩いスポーツ物的な感覚で楽しめる作品だった。ダイエットの話では腹を抱えて笑ったものである。
劇場版における、田舎者根性丸出しのお登りさん振りには閉口したが(NYと思しき街を「世界の中心」と連呼する)、主人公が「何故歌うのか」を問うていくあたりは悪くない。
ドラマとして傑作とは思わないが、「萌え」と相まって、人気を獲得する理由はよくわかる。結論としていえば、私も左程嫌いではない。

以上は前置きである。過去記事との重複もあり、些か長過ぎた気もしないではないが、ここから本題に入る。
馳浩という元プロレスラーの文部科学大臣がいる。先頃、体罰自慢で話題になった男だ。この人物がこのたび、何をとち狂ったのか、「ラブライバー大臣」などと自称するようになった。既視感のある風景だ。麻生太郎がローゼンメイデンを賞賛したときのあれである。
麻生が札付きの表現規制派であるにもかかわらず、多くのアニメ・マンガファンがいいように乗せられていったのは記憶に新しい。「肉屋を支持するブタ」という言葉が私たちの間で忌々しい思いと共に語られるようになったのもこの頃である。
そこで今回のラブライバー宣言である。まさかこんなパフォーマンスに乗せられるお目出たい人間もそうそういるまいなと思ったら、ネット空間上にそのたぐいがぞろぞろ現れて来たので唖然とした。視聴者層から考えて、必ずしも世間知らずのお子様ばかりとはいえないだろう。自民党はさぞかし、「こいつらチョロいもんだ」と思っている筈である。いい加減、学習しないのか。これだけ幼稚なパフォーマンスも見抜けないのか。
わが国の政治家が文化を活用しようとする場合、金と欲にまみれた汚い手で作品を引っ掻き回し、台無しにすることになるのは必定である。この国の文化環境は、それ程までに、低い。今回の件についても、せいぜい利用されるだけで、最終的には手痛い目を見るだろうということは、目に見えている。それが自覚できなければ、マンガ、アニメ文化に展望などありはしない。
ここまで書いてきたところで念の為確認したら、流石に冷静になったのか、ファンの間からも批判的な意見が現れるようになってきた。良い傾向である。ラブライバーを自認するファン達は、「舐めるな!」と思いっきり言ってやれ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1506-88046af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター