時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
インフルエンザ騒動記
体調を崩したのは土曜日の夜である。夕方から咳が少し出るなと思っていたのだが、あまり気にせずにいたら、悪寒がひどくなってきた。熱を測ったら38度半ば。風邪を引いたと判断し、無理をせず早々に床についた。
翌日になってもかなり熱が高い。体を騙し騙し家事をするが、かなり辛い。この時点で熱は39度を大きく回っていた。尋常でない数値である。解熱剤(バファリン)を飲み、アイスノンを当て、苦しみながら布団に潜るが、熱が下がる気配は無い。幾度も40度前後の数値を目にし、ひたすら苦悶にのた打ち回っていた。
さて、月曜日の朝である。熱は一向に下がらない。実は仕事上かなり重要な日であったので、何とか治しておきたかったのだが、とても出勤できる状態ではない。
元々医者が嫌いな性分である。風邪を引いて医者にかかったことなど、子供のときを除いて無い。だが、このときは流石にまずいと思った。どう考えても通常の風邪ではない筈である。已む無く近所の内科を調べ、這うようにして診療所に赴いた。結果は果たしてインフルエンザA型。タミフルを処方され、仕事は暫く休むこととした。このタミフル、ひところ異常行動とかで話題になったものだが、即効性は無いらしい。私の場合、効き目が表われるまで、一日はかかった。よって、薬を飲み始めたその日はひたすら高熱に悶え続けることとなったわけである。流石に米を洗うのはかなりきつかった。
熱の高いときは熟睡は中々出来ないもので、うつらうつらとした状態がひたすら続く。夕方あたり、二度目の服薬の頃から、心なしか少し楽になったような気がする。尤もこの時点で体温は39.7度であったので、あくまでも気分的なものだろう。
結局本格的に熱が下がったのは、前述したように翌日からである。体温は38度台。明らかに具合が違う。トイレに立つのも苦痛ではなくなった。結局この日のうちに体温は37度まで下がり、ほぼ体調は回復してしまった。
インフルエンザは熱が下がってからもウィルスが残るため、勤務に服したのは週末である。実はこの時点で平衡感覚がおかしい等の軽度の後遺症はあったのだが、感染の心配も既に無く、休み続けることへの不安感も強かったので、敢えて出勤。懸案だった仙台への日帰り出張もこなした(実はオフィスに留まり続けるよりも、こちらのほうが負担が軽かったように思う)。
さて、そんなこんなで一件落着といきたかったのだが、どうも現実はうまくいかないものらしい。まず、私が復帰したのと入れ違いで、同僚が立て続けに3人インフルエンザで倒れてしまった。さらに私自身、改めて風邪を引いてしまったらしく、今も体調があまり良くないのである。世の中、ままならないものである。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1501-5618ee16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター