時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
映画雑記
このところ、あまり更新もしていないので、最近観た映画のレビューを消化しておく。改まった文章を記すのが精神的にきつくなっているので、メモ書き程度のかんたんな素描に止めることとしたい。古い映画ばかり多いのだが、ご寛恕頂きたい。

・ローレンの反撃(監督:テイ・ガーネット) ローレンというのはロレーヌの英語読みである。収容所を脱走した主人公たちが、ロレーヌのレジスタンスに合流するというもの。戦時中の米国製反ナチプロパガンダ映画だが、なかなかよく出来ている。

・北大西洋(監督:ロイド・ベーコン) これも戦時中の米国製反ナチプロパガンダ映画で、主演はハンフリー・ボガート。序盤からなかなか凝ったアクションシーンが展開し、見応えがある。最終的にラム戦で決着をつけるのはお約束か。ソヴィエトとの関係が比較的良好だった頃の映画で、その意味でも一見の価値がある。

・ナージャの村(監督:本橋成一) この作品については別途記事を設けたいので、今回は割愛する。

・荒野の処刑(監督:ルチオ・フルチ) 「地獄の門」でお馴染みの、ルチオ・フルチのマカロニ・ウェスタン。主人公達落ちこぼれのパーティーがあっさりと全滅したときは、流石に意表を突かれた。かなり風変わりなストーリーだが、悪くは無い。

・緑色の髪の少年(監督:ジョゼフ・ロージー) 今更野暮ったく解説する必要もないだろう、ジョゼフ・ロージーの反戦映画の名作。「次に生えてくる髪も、また緑色だよ」という台詞には不屈の抵抗精神を感じた。

・バターンを奪回せよ モノクロ版(監督:エドワード・ドミトリク) 戦時中の反日プロパガンダ映画。反日はガンガンやってくれて一向に構わないのだが、もう少し上手く作れないものか。無論、プロパガンダ目的である以上、映画が記号的な図式になるのは致し方ない。問題は、その記号性を如何に消化するかである。結局、ホセ・リサールもユサッフェ・ゲリラも「死の行進」も作品に活かせていない。実に残念な出来栄えだった。
最大の見所は日本の戦車が登場するシーン。何と、その正体はM4シャーマン(笑)。ご丁寧に正面に日の丸をくっ付けて、日本の兵器であることをアピールするが、どう考えても無理がある。アメちゃん、一体どこと戦ってんだ。

・暴力に挑む男(監督:ルイス・マイルストン) これも反ナチプロパガンダなのだが、こちらは実に出来がいい。占領下の街に生きる人々が、、様々な利害対立を抱えながらも、やがて決起に至るまでが丁寧に描かれる。裏切り者の存在等、一枚岩でない人間模様の見せ方がなかなか巧みに思えた。

・戦略大作戦(監督:ブライアン・G・ハットン) クリント・イーストウッド主演のおバカ映画。やる気の無い落ちこぼれ兵士たちが、一攫千金の大勝負に挑む。勘違いした隊長が、「彼らこそ英雄だ」と讃える有様がバカバカしくて愉快だ。

・少女の髪どめ(監督:マジッド・ マジディ) イラン製の純愛映画。アフガニスタン人の少女に恋をした主人公が、それまでの生き方を改め、献身的に尽力する。宗教上の戒律があるため少女には近づき得ず、どこまでも純愛に終わるのだが、なかなかよく出来た人間喜劇だった。

・傷物語 鉄血編(監督:尾石達也) 西尾維新の「物語」シリーズのエピソード1。死にかけた吸血鬼を救った主人公が、熾烈な抗争に巻き込まれる。シャフトの独特の演出は相変わらずで、シリーズをある程度観ている身としてはなかなか楽しめたが、一見さんには辛いかもしれない。序盤のフランス語の文章は何とかついていけたが、途方にくれる人も多そうだ。まあ、多くのファンは、いつもの外連味として、軽く受け流すのだろうが。
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1497-94e8c7c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター