時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
日韓合意に思う
従軍慰安婦に関する日韓合意は、当事者である元慰安婦を置き去りにしている時点で内容的に破綻している。しかも、「不可逆的に解決される」という文言で、国家権力による一方的な幕引きを図るなど、きわめて悪質なものとなっている。
個人的な話をする。昔、同じ会社にいた課長が、同僚に無礼な態度を取って怒らせたとき、「はい、謝りました(土下座)。もう謝らないぞ!」と宣言して余計に激怒させたことがあった。あまりにも間抜けすぎるが、今回の不可逆宣言に接し、それを思い出した。
今回の日韓合意の背景に米国の意向があることは、あまりにもわかりやすい。反省も謝罪の意思もひとかけらも持っていない安倍政権が、面従腹背で形の上だけ自省したように見せかけたのは、勇気を見せたわけでも何でもないのである。この点、島田雅彦の「虚人の星」にも言及したいが、ややこしくなるので別の機会にする。
「もう謝らない。今後は反省もしない」という点にこの政権の本音があるというのは、これまでの活動に照らし合わせても、邪推にはならないと思う。今回の日韓合意で何か好転したわけではない。この政権は、これからも戦争する国づくりに邁進していくことだろう。
私たちは、今も尚「戦前」にいる。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1491-4f3e8cc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター