時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
誇示される醜貌
風邪を引いてまともに声が出ない状態なのだが、頭にきたのでここに書き記しておく。
ケント・ギルバートという芸人がいる。その昔、欧米出身の外国人タレントが珍しかった頃、ケント・デリカットやチャック・ウィルソンなどと共に、バラエティ番組に台頭してきた人物である。
この男が近年、ネトウヨのマスコットならぬゲスコットとしてメディアの前に再登場するようになった。岸井成格に対する破廉恥広告の呼びかけに続き、今度は「沖縄の基地反対運動は日当2万円」などという出鱈目を臆面も無くひけらかした。西田昌司の妄想の完全コピーであるが、みじめな頭からは浅ましい発想しか生まれないものである。愚かさに国境は無いものだ。
私は東京からの反基地デモに参加してきたが、鐚一文貰った覚えは無い。無論、欲しいとも思わない。この人物達には、国家権力の悪行に対し、無償で異議申し立てを行う人間の存在など、想像も付かないのだろう。
古い話になるが、私はこの人物が米国のパナマ侵略のときに、これを積極的に支持していたことを覚えている。その際、「ノリエガは日頃から悪魔崇拝をしている、きわめて危険な人物だ」という趣旨の、わけのわからない風評を垂れ流し、司会の関口宏に窘められていた。それをいうなら「ノリエガはCIAの手先として働いた、きわめて危険な人物だ」であるだろう。勿論、武力侵攻など認められるべくも無い。
嘘とデマゴギーはこの人物のお得意とするところらしい。典型的な軍事マッチョ主義のアメリカ人であり、只の間抜けなのだ。
過去の知名度にすがり、ネトウヨに媚びながら出演料を漁り続ける電波芸人。いい加減に、恥を知るがいい。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1484-9aadd92f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター