時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
青林堂をめぐる随想
マンガに親しんだ人、アングラ文化に親しんだ人なら周知のことであるが、旧青林堂と、現在の青林堂は別物である。私にとって、青林堂といえば雑誌「ガロ」である。白土三平、水木しげるの連載から出発し、つげ義春、矢口高雄、近藤ようこ、林静一、つりたくにこ、蛭子能収、内田春菊、花輪和一、根本敬、南伸坊、みうらじゅん、大越孝太郎、安彦麻理絵、山田花子(芸人ではない)、駕籠真太郎など数多くの異能の作家たちを輩出してきた出版社である。マンガにおけるカウンターカルチャーの総本山であったと言っても過言ではない。「ガロ」出身のマンガ家といえば、一目置かれる存在であった。
この流れを作り出してきたのが、青林堂の創立者、長井勝一である。詳細は彼の自伝「「ガロ」編集長」に譲りたいが、熾烈な戦後体験を生き抜いてきた長井の、マンガ文化に対する執念の結実とも言うべきものがここにあった。
私などの学生時代を振り返っても、本気で文系を志す者にとって、「ガロ」は必読書であった。それはマンガばかりでなく、様々なジャンルとの往還性をもった中心軸だったのである。
だが、アングラ文化特有の陥穽ともいうべき危うさも「ガロ系」の作家たちは同時に有していた。やたら「難解」な「前衛」と目される作品を物すること、具体的に言えば、絵が汚くストーリーも無いに等しい、そういった作品こそが価値なんだという、意識の倒錯がそこに孕まれていたのは、まぎれもない事実である。「一般人にはわかるまい」という、誤った特権意識がそこでは介在し、際物であることが自己目的と化していた。こうした転倒はマンガだけの問題ではなく、あらゆる前衛文化に共通していた。
映画でも何でも同様であるが、下手な前衛作品よりも、よくできたメジャー作品の方が面白いし、有意義である。赤塚不二夫がガロ系の作家たちに対して、「ガロ系という型に嵌まってしまって、自縄自縛に陥っている」という趣旨の苦言を呈したのは、まさにそこであった。アングラ文化人たちとの親交を深めてきた赤塚ならではの、鋭い指摘である。若手の文化人にはありがちな陥穽であるが、その先には袋小路しか存在しない。前衛の視点からメジャー文化を撃つと共に、メジャー文化の視点から前衛を省みるという、視点の切り替えが必要だったのだ。

やがて時は変遷する。原稿料ゼロを継続しながら、幾たびも経営難の危機に晒された青林堂も、長井勝一会長の死と共に、とうとう分裂することとなった。編集部全員が辞表を提出し、新たに青林工藝舎という出版社を立ち上げたのは周知の事柄である。青林工藝舎は「アックス」を刊行し、「ガロ」に代わる文化活動を現在も継続している。よって、マンガ家、マンガファンにとって、青林堂の実質的な後継はこの青林工藝舎である。
一方、今も尚「青林堂」の名を冠する残された側が、「日之丸街宣女子」、「そうだ難民しよう! はすみとしこの世界」などというたちの悪い書物を出版し、多くの顰蹙を買っていることは周知のことと思う。そこには知性の片鱗も感じられず、まさに反知性主義を体現したような雑本の集積であった。ここでいう反知性主義とは、「知」への根源的批判ではない。「無知な自分は偉い」と言い張る幼稚な自己愛のことである。
旧青林堂には、前述したような危うさはあったにせよ、新しい文化を創造しようとする強烈なエネルギーが存在した。現在の自称青林堂にとっては、肥大化した自己愛を広めることこそが文化を担うことなのだろう。わが国で最も由緒あるマンガ出版社の名を冠しながら、これ程までに浅ましい醜態を晒すとは何事か。恥知らずが。直ちに社名を返上しろ。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
お久しぶりです
これは、青林堂とは関係ありませんが、一連の「ぱよぱよちーん問題」で、ろくでなし子氏にも幻滅してしまいました。件の人物も決して褒められたものではありませんが…。
【2015/11/07 22:17】 URL | ダムド #iu8Dq9Ko [ 編集]

Re: お久しぶりです
こちらこそご無沙汰しております。
「ぱよぱよちーん」騒動って、よくわからないんです。いくらググっても、半狂乱になって前後関係のわからない憎悪を振り撒いている人間か、頭の悪そうなネット用語を駆使して意味不明の冷笑コメント(らしきもの)をタレ流している輩しか見当たらない。取り敢えず、自分なりに把握した範囲で以下まとめてみました。

・はすみとしこの難民侮辱イラストに対し、フェイスブックの「いいね」機能を使ってチェックした人間をリスト化し、個人情報を晒した人物がいた。
・その人物が挨拶文として、「ぱよぱよちーん」という言葉を使っていた。ここから「ぱよぱよちーん」がこの人物を指す代名詞のように使われるようになった。
・ろくでなし子が、「ぱよぱよちーん」という音の響きに反応し、「ぱよ〜( ´ ▽ ` )ノ☆」、「ぱよぱよちんこ〜( ´ ▽ ` )ノ♪」「ぱよちん音頭で ぱよぱよち〜ん♪」等々面白がってツイートを連投していた。
・このことが「ネット右翼に便乗し、レイシストに追い風を吹かせるもの」として受け止められ、非難が殺到した。

この内容が正しいという前提で話を進めます。
結論として、ろくでなし子のおふざけがネット右翼の垂れ流している言説と全く同じものとなっており、本人にその意識が無かったとしても、軽率であったと考えます。
ただ、言語というものが政治・社会的力関係によってのみ解釈されるのだとしたら、それはあまりにも貧しいことだと思うのです。
私の結論は、ろくでなし子に対しては「あほらしい」です。リストについては無関係の人間を巻き込んでいるようなので、問題は深刻だと思います。
【2015/11/08 02:20】 URL | のわーる #- [ 編集]

Re: お久しぶりです
新たに情報を得たので少し補足します。
ろくでなし子は、レイシズムやヘイトスピーチに対しては「反吐が出る」との事です。ただ、法規制でそれに対抗する事には「国の判断でどうにでもなる危険がある」と、批判的です。これは、私などの立場と全く同じものです。
【2015/11/08 08:25】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1480-edf7e0e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター