時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
てろてろ映画
色々と嫌気がさす、うんざりすることの多い昨今だが、とりわけ政治しか理解しない政治主義者共が、でかい面を引っさげて運動圏を掻き回す姿を見ると、ぶちのめしてやりたくなる。真理の体現者にでもなったつもりか。人間を嘗めるな。

さて、そうであるとして、今回は映画の話である。
このところ、「バーダー・マインホフ」(監督:ウル・リデル)、「夜よ、こんにちは」(監督:マルコ・ベロッキオ)、「ミュンヘン」(監督:スティーヴン・スピルバーグ)を再見する機会を得た。作品とは、再見することによりまた違った視点を持ち得るもので、がっかりしたもの、意外と悪くないと考え直したもの等、様々な体験を新たに得ることが出来た。現在、「カルロス」(監督:オリヴィエ・アサイヤス)を観ているところである。ついでに言えば、こちらは初見である。
お気づきのことと思うが、これらの映画には、共通するテーマがある。私なりの鑑賞目的をいえば、「テロリスムに関する考察」である。このところ他党派に対して「テロリスト、テロリスト」と連呼し、毫も恥じないバカが跳梁跋扈していることもあり、ならばテロルとは何であるか、映画を通して少しく向き合い、考えてみたいと思った。こういうと大仰なことと思えるかもしれないが、筋道立てて小難しく言語化したり、ゴチャゴチャと理屈をこねるつもりは無い。ただ、そこに何らかの強烈な印象や閃き、鮮烈な示唆を心に残すことが出来れば、映画を観た甲斐があるというものだ。
ほかにも再見したい映画がある。一段落したら、何らかの感想を記すかもしれないが、当分先の話となるだろう。

※関連して、四方田犬彦の著作「テロルと映画」はよい道標であることを記しておく。この人の著述は事実関係の誤りが多いこと、しばしば最悪の文化スターリニズムに陥ってしまうこと等の欠陥が多いのだが、この書物は比較的素直に書かれており、距離を置きさえすれば得るところが多い。悪くない一冊である。
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1478-0730e836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター