時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
家畜の幸福
菅官房長官、福山さん結婚機に「ママさんが産んで国家に貢献してくれれば…」(産経新聞) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00000565-san-pol

この発言の肝は、「国家に貢献」という概念にある。この男にとって、「子作りは国家への奉仕活動」ということなのだろう。国家に奉仕するために、子供を沢山作って欲しいという本音がはっきり表れている。早い話、家畜を繁殖させるのと一緒である。主権者とは納税する家畜であり、過労死してまで利潤を生み出す家畜である。戦争法制が成立した今では、殺人する家畜でさえある。消耗品は間断なく生産せよということだ。文系学部廃止もこの思考と無関係ではない。「死んでいく者(消耗品)に知恵なぞいるか!」というわけだ。
映画「マトリックス」では、未来社会の人類は深い眠りについた状態で、繭のような機械の中で飼育される。人間たちは支配者によって徹底的に管理され、養分を吸い取られていき、やがて用済みになれば廃棄される。言うまでも無く、これは現代社会の寓意である。
映画になぞらえて言おう。私たちは自由で民主的な社会で生活しているかのような「夢」を見せられている。しかし翻ってみれば、それは権力者達にひたすら養分を搾り取られ、生命を削り取られ、やがては廃棄される存在である。オーウェル型の監視体制がここに拍車をかける。
「本人が幸せだと思っているのなら、それでいいじゃないか」、という向きもあるだろう。生まれてから死ぬまでを騙しおおされて生きる、奴隷状態の幸福。スピノザ的な逆説だ。「落下する石は、自然法則に従って落下しているにもかかわらず、自分が自由意志によって落下していると思っている」。完璧に支配された状態であれば、認識論的には「奴隷状態など存在しない」と言い切ることも可能である。だが、本当に、それでいいのか?
「マトリックス」との違いは、そこに救世主など存在しないということだ。サルトルによれば、ポール・ニザンは「サンタクロースを信じるな」と常に語っていたという。誰かが救済を齎してくれるわけではない。そこに生きる私達自身が何とかするしかない。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1473-517362bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター