時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
見出された言葉
連休だったらしいが、日曜出勤もあったためかあまり実感は無い。ひたすら慌しい日々が続いていた。無論、主たる原因はあの莫迦者たちがタチの悪い法律を作ってしまったことにある。のんびり体を休めたかったのに、どうしてくれる。
内臓の状態もあまりよろしくないため、今日は映画の話を記してみる。
「心が叫びたかってるんだ」(監督:長井龍雪 脚本:岡田麿里)を観る。
ヒロインは、両親の離婚の引き金を作ったトラウマから、言葉を失ってしまった少女。それが仲間達と出会い、目標を見つけ、恋を知り、言葉を取り戻す話。終盤の惹きつけ方は相変わらず健在で、圧倒された。ほろ苦いところもあるが、良作だろう。文句のひとつもつけてやろうと思っていたのだが、中々いいんじゃないか。「あの花」の要素もあるが、長井監督の作品ではTVアニメ「とらドラ」が一番近いと思う。テーマ的にはいずれも「破滅からの再生」といえるが。
監督は次に「ガンダム」を手がけるという。「アイドルマスター XENOGLOSSIA」以来のロボット物だが、ちょっと楽しみである。私は彼の作品は「はちクロ2」、「夏まち」以外は大体見ていると思う(自慢ではないがOVA版「ツインエンジェル」までチェックした)。この人は日常物に埋もれて欲しくない。日常を丁寧に描く力を、本格的なSFやアクション物に生かして欲しい。原作付きだが、「超電磁砲」などはそのいい例だった。

スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1471-3ab4ccdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター