時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
民主主義の神話~2015年版
8・30の行動について、一応一言記しておかなければならない。
結果は言わずもがなで、大きな動員を獲得し、成功を収めたといっていい。イヌHKしか見ない、KKK新聞やゴミ売新聞しか読まないという人以外は理解していることと思う。
残念ながら、当日私はそこに向かうことは叶わなかった。忌々しいことだが、世俗に生きるためには、一定の理不尽を甘受しなくてはならない。
気掛りなのは、「昔の左翼はバカだった、俺たちはあいつらとは違う」的な言説がまま見られることである。運動論だの、プレゼンとやらのテクニックだのといった話には興味がない。何よりもその種の言説の根底にある人間蔑視が醜悪である。こうした人間観を抱いている限り、その運動はやがて敗北すると思う。
浮かれるな。何もかもまだ始まったばかりだ。見かけ上の華々しさだけが運動ではない。そもそも私たちは勝利したわけではない。おそらくは醜悪な形でバックラッシュがやって来る。かなり厳しい逆風となるだろう。そこに耐えうるだけの愚直さが私たちには必要とされている。
そして、人間性に関する真摯な考察を絶対に等閑にして欲しくない。己の人間性の奥底にあるものと真摯に対峙しない限り、人や社会を動かすなど、烏滸がましい。これは原則である。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1465-28460d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター