時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
どちらを向いても・・・
このところ出張続きで心の休まる暇がない。このブログの更新もますます滞りがちである。まぁ、駄弁ばかり書き連ねているので、どうってことはないのかもしれないが。
バカが戦争の支度をやめない為、世の中がシッチャカメッチャカになっている。明日も大規模なアクションがあるらしい。私は明日も仕事なので、残念ながら参加できる状況ではない。

碧志摩メグ問題、いい加減にしろとはこのことだ。
実を言うと、町おこしのためのキャラクターという性格上、この問題にはちょっと絡みづらいところがある。だが、これを糾弾する莫迦共の言い分が、創造活動一般にまでその汚らわしい手を広げているため、これは徹底的に闘うしかない。
私に言わせれば、創造行為が性的な眼差しを伴うものであることは、自明の理なのだ。性的であって何が悪い?対象に性的な眼差しを向けるということは、その者が人類であるというのと同義である。私たちは石ころとお付き合いするわけでもないし、イデオロギーと恋愛するわけでもない(政治運動廃人にはそう公言する者もいるが)。性=生を否定すること自体が愚劣なのだ。
エロスを伴わない文化など、社会主義リアリズムの亡霊そのものである。ドラクロワから生気を取り除いたような代物だ。そんな代物が「純正芸術」としてのさばり返るようになったら既に末期である。
創造行為とは、協議のうえで当たり障りのないものを綺麗に描くことなどではさらさらない。それは良識を脅かし、価値を徹底的に痙攣させていくことを否応無しに含んでいる。いかなる名目であろうとも、これを破壊しようとする活動は、許しがたい反動主義である。
件のキャラクターの扱いについては、既に有意義な解決策がいくつも提示されている。町おこし用のデザインという性格上、何らかの合理的な折り合いをつける必要があるのだろう。正直、そこに首を突っ込むのは私の柄ではない。私が憤りを感じるのは、蒙昧な政治主義者が創造活動一般に対して莫迦の一つ覚えの政治的物差しをゴリ押しして、作品弾圧を図ることに対してである。いい加減に、恥を知れ。

武藤議員をめぐる言説の問題は、以前私が懸念していた事柄が一気に火を噴いた感がある。事の本質は、彼がゲイであったことではない。「戦争に行きたくないというのは利己的」発言と、「国会議員枠の未公開株」の問題である。
しかるに、世論の多くは彼の性的嗜好に関心を寄せ、それに対する憎悪、嘲弄を多く浴びせるに至った。何だこれは。これが日本の政治をめぐる言説の実体か。暗澹たる思いがした。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1464-18332f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター