時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
「過剰は美である」
三条友美展「少女裁判」に足を運ぶ。
三条友美といえば、「少女菜美」。成人劇画界の一つの頂点を極めた人である。あのぶっ飛んだエネルギーをそのまま持続できるとはさすがという他無い。一時期、この人がCGを使い始めた時、大丈夫かなという思いがあった。その頃発表された作品も、大人しい無難なものだったので、尚更その感を強くした。その後、作品に触れる機会も殆ど無くなっていたが、今回の展覧会では良い方向に、予想を裏切られた。やはり三条友美はやはり三条友美だったのである。
今回の展示作品は全てCG画である。三条のマンガ作品に接したことのあるものにとって、それがこれまでの劇画の延長上にあることが見て取れる。この人はCGの底力を最大限に掘り起こすことに成功したといっていい。一枚一枚の絵の情報量が極めて多く、見応えがある。
少女たちは肉体を毀損され、血と汚物にまみれながらこの上なくエロティックな美の饗宴を繰り広げる。ロートレアモンに倣って言おう。「そして私は彼女たちを美しいと思う!」
いかにも、展示の内容は三条ワールドの一番コアな部分であり、サドの幻想を具現化したような絵画世界である。ここで注意して欲しい。残酷絵画の美は作家の美的感覚によって作られた美であり、徹底的に作品化された世界である、ということである。それは現実に存在する無秩序な残酷さとは一線を画している。これはスプラッター映画などでもいえることである。
この点、三条友美展の諸作品は、すぐれた人工楽園の世界であった。一見するに如くはない。

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1463-cb8c385a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター