時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
遅れてきた読者として~鶴見俊輔逝く
鶴見俊輔が亡くなった。震災以降は発言を聞くことが少なくなっていたので、覚悟は決めていた。だが、よりによってこの時期に亡くなるとは、さぞかし無念だったかと思う。

私は鶴見の遅れてきた読者である。鶴見俊輔といえば、進歩主義的知識人のボスのような存在であった。そのため、近付くのを少し躊躇っていた。概して、ご立派な進歩主義者など、碌なことを言わないものである。
読んだものといえば、限界芸術論、アメノウズメ伝、対談集、その他の短文をいくつか、だろうか。あとは、夢野久作論を少し眺めたくらいか。いくつかの書籍についてはこのブログでレビューを試みたこともある。あまり誠実な読者とはいえないが、それなりには気にかけてきた存在であった。

「正義はハタ迷惑なものだ」と、彼は「死へのイデオロギー 日本赤軍派」(P・ スタインホフ)の解説に書いている。これは私が鶴見に大きく共感した一節であった。連合赤軍事件とは大雑把に言えば、肥大化し、純潔主義化した正義の観念が同士殺害へと至ったものである。少なくとも私はそう考えている。妄想めいた正義の観念が、民衆への弾圧に向かう事例は、身近な表現規制問題でも私達は目にしている。そんな息苦しい思いをしている中、鶴見のこの発言は、まさにわが意を得たり、だった。
ただ、ここで一つの疑問が生じる。鶴見が行ったベ平連などの活動は、この正義観とどう整合性をつけるのだろうか。そこで調べてみると、実は「ベ平連の八年間は苦痛だった」と彼は述懐している。「ほんとうにまいった。運動に押し込まれちゃって。自分が正しくなっちゃうのはこわいことなんです」(鶴見俊輔・小林よしのり「勇気ある卑怯」)
鶴見が提唱したのは「がきデカ民主主義」である。権力者の利害と民衆の利害(欲望、自由)が対立したとき、欲望の側から権力者を批判していく、というものである。吉本隆明は、「大衆の原像」という概念から同様の結論に達していた。この二人が、同じ場所に辿りつく様子は愉快だが、とにかく硬直した大義性のようなものを、嫌った人であった。

対談の名手でもあった鶴見だが、そこには相手から最良の部分を引き出し、一歩でも二歩でも生産的な方向に論を進めていこうとする姿勢が見られた。これは、司馬遼太郎や小林よしのりなどを相手とした時も同様である。鶴見の司馬遼観については過去の記事で触れたので、繰り返さない。その独特のフィルターから過大評価になっている嫌いもあるが、少なくともこちらの司馬遼観に再検討を迫るだけの刺激性はあった。
印象深いのは、手塚治虫との対談である。メキシコの骸骨文化から鎖国論へと、さかんに手塚を振り回しながら、最後には手塚以上にマンガ表現の可能性を力説していた。手塚が、マンガに小説や詩や評論や啓蒙書の役割を担わせることは難しい、と語ると、鶴見は、そうではない、言語は日常のものだが、それを使って小説や詩は書かれている。マンガの場合も同じで、描くという行為があれば、その可能性は開かれているんだ、寧ろそこをすっ飛ばして、優れたものを無理矢理作り出そうとすることに文化の危機があるのだ、と回答していた。密度の濃い対談であり、一読をお勧めしたい。

アカデミズム界隈では、横のものを縦にしただけのような知的輸入業者が後を絶たないが、私が読んだ範囲では、鶴見にはそうした無様さが見られない。月並みな言い回しだが、地に足の着いた、自己思想を確立した人であった。こんな時代だからこそ、彼から学ぶべきことは多い。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1459-1651d49d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター