時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
二度目は茶番
その昔、満州国時代のこと、「河豚(フグ)計画」というものがあった。発案者は陸軍の安江仙弘大佐と海軍の犬塚惟重大佐。内容は、「ユダヤ資本は河豚と同じ。商売上手なので気をつけなければならないが、うまく扱えばこれを満州に取り込める。そのためにヨーロッパで迫害されているユダヤ人を、大量に移民として満州に受け入れる」というものである。
結局はその後の三国同盟により、この計画は雲散霧消していくのだが、さてどうだろう。この譬え話に既視感は無いか。そう、つい最近、「集団的自衛権は河豚と同じ」とのたまった人物がいた。内閣法制局長官・横畠裕介である。
おそらく彼は河豚計画のことを念頭においてこのレトリックを用いていたに違いない。本人は気の利いたことを言ったつもりだったのだろう。だが、戦争下請けに直結する概念を、河豚料理などに譬えられたら溜まったものではない。まさに「煮ても焼いても食えねぇよ」という他なく、散々な批判に逢い、墓穴を掘ることとなった。
八紘一宇の時もそうだったが、何だろう、軍国時代のキーワードをレトリックとして用いるのが流行っているのだろうか。別に言葉狩りを提唱するつもりはない。だが、一万歩ほど譲ったとしても、こういうのは「言えばいい」ってもんじゃないだろう。カッコいいつもりかどうか知らないが、あまりにもセンスが無い。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1458-544d54e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター