時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
赤本妄読録
この間読んでいた書物について記す。どうってことのない赤本ばかりだが、取り敢えず走り書き程度に記録しておこう。
読んだ書物は順に、古野まほろ「天帝のつかわせる御矢」「探偵小説のためのエチュード」「群集リドル」、有栖川有栖「月光ゲーム」、古野まほろ「天帝の愛でたもう孤島」、倉阪鬼一郎「大いなる闇の呼び声」である。

「御矢」は、超特急内で起こった殺人事件を巡るミステリーだが、舞台背景からどうしても「シベリア超特急」を思い出してしまう。勿論、「カーット!」という自称どんでん返しがあるわけではなく、れっきとした本格ミステリーである。
天帝シリーズの二作目で、例によって伝奇小説的な背景が設定されており、そちらが続編においてどのように発展していくのか興味深い。とはいえ、個人的には「セーラー服と黙示録」シリーズの方が好みである。
「探偵小説のためのエチュード」は、陰陽師物とミステリーを組み合わせた異色なシリーズ。清少納言の妄執が現代に災禍を齎すというもので、なかなかユニークな筋立てである。天帝シリーズと同じ世界を舞台にしており、登場人物が一部共通している。
それにしても、「ベルばら」ネタには吹いた。確かにあれは「オール・ヴォワール」になっていたよなぁ。正しくは「オー・ルヴォワール」だし。
「群衆リドル」は、これまでとは毛色の違うミステリー。古野作品の多くには妙なペダントリーが登場するが、こちらはオーソドックスなクローズド・サークル物形式をとっている。その点、物足りなく思われるかもしれないが、充分に読ませるだけの力を持っているので、がっかりするほどのものではない。
尚、裏事情を言えば本作は作者にとって、講談社とのトラブル後、復帰第一作に当たる作品である。あまり冒険する余裕が無かったのだろう。講談社とのトラブルがどうのようなものであったのかは知らない。断筆も考えたというから相当なものだったと思われる。
ところで、古野のペダントリーは小栗蟲太郎の他、笠井潔の矢吹駆シリーズの影響があるのだろう。

有栖川有栖「月光ゲーム」は名作の誉れ高い作品だが、評判ほどに凄いとは思わない。キャンプ場を舞台にした、やはりクローズド・サークル物で、面白いといえば面白いが、それ以上に突き抜けるものはない。とはいえ、登山やキャンプの話自体は嫌いではないので、それなりに楽しんで読んだのだが。

古野まほろ「天帝の愛でたもう孤島」読了。こちらもクローズド・サークル物。孤島の中で生ずる連続殺人事件。かなり大掛かりなトリックがある他、謎のオラショ、隠された秘宝伝説といったガジェットには事欠かず、相変わらず作者の筆致は快調で、江戸川乱歩へのオマージュらしきものも見受けられる(但し、「公爵」令嬢にマルキーズというルビを振っているのは納得しかねる)。
本作はシリーズ三作目であるが、末尾において、主人公の人間関係に深刻な亀裂が生じる。いや、流石にあそこまでピエロを演じさせられたら怒るだろう。次回作以降はどうなるのか?あっさり元サヤに収まっているのか、気になるところである。
アウグスティヌス、マルティヌス、グレゴリウスといった、聖人の名を列挙するべきところで、バルタン、ザラブ、ガッツ、ヒッポリト、テンペラーといった「星人」の名前を挙げてしまう件りには脱力。飛行機の中で読みながら吹き出してしまった。

「大いなる闇の呼び声」。「クトゥルー・ミュートス・ファイル叢書」の最新刊で、邪神の血を引く末裔の親子が人類の存亡を賭けて相争うというもの。邪神を描いた絵画に関する描写はなかなか面白く、魅力的である。だが、ストーリーそのものは少々あっさりし過ぎの感が無いでもない。もう少し捻りがあってもよさそうなものであるが。

IMG_0917.jpg
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1455-bd0a8264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター