時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
戦争対名探偵
戦後派と呼ばれる作家達にはミステリーマニアが多い、埴谷雄高、花田清輝、平野謙、荒正人、大岡昇平等を思い浮かべれば頷けることである(大岡を戦後派と呼ぶことには異論があるだろうが)。これについて、大江健三郎が興味深い考察をしていた。何故彼らがこれ程までに探偵小説にのめり込んだのか?おそらく彼等は、あの戦争の「犯人」を捜そうとしていたのだ、と。
大江のこの分析は深読みに過ぎるかもしれない。ぶっちゃけた話、当時他にあまり娯楽がなかったというのが正解だろう。それに、仮に大江の説が真実だとしても、「そういう戦争観しか持てなかったのなら、この人達は駄目だったということになるよなぁ」というしかない。どこかに特定の「犯人」がいるというような戦争論は、あまりにも浅薄である。今時マンガでもこんな戦争観を呈示することはない。
寧ろそれは、戦時中の自らの立場を正当化しようとする試みにさえ見える。「どこかに犯人がいる、それは自分ではない誰かだ」と。吉本隆明が、第一次戦後派を「傍観者」だったとして痛罵したことを思い出そう。
特定の権力者を「犯人」として名指しすることは、政治的決着としては必要なのだろう。だが、思想的・文学的営為としては、意味を成さない。その時代の人々が有責であるとして、それはどのような性質の責任であるか、人間的課題として、真摯に考究する必要があるだろう。
ここで一つの問いが生ずる。果たして、その時代において「抵抗」と呼びうる行為とは、何を意味するのか?
例えば殉教主義的に官憲に抗い、逮捕されれば抵抗になるのか?獄中にいれば抵抗になるのか?拷問死すれば抵抗になるのか?
仮に戦時下において、生活者として人間性を保つことが抵抗ならば、先の「傍観」とどう違うのか?
この問いかけに対する結論はまだ出せていない。少なくとも、「私は抵抗した」と自称する人間に限って、何ら抵抗者の名に値しないことは確かである。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1451-78be8469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター