時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
誰のせいでもない・・・わけではない
誰のせいでもない雨が降っている
しかたのない雨が降っている

いうまでもなく、中島みゆきの歌である。青春期の挫折の経験と、現在の恋人との(或いは夫婦の)危機を重ね合わせて歌った、印象深い作品である。勿論、転向歌の一種には違いないが、よくよく聞いてみると、完全に過去を清算できない、引っ掛かりのようなものを敢えて残していることは興味深い。
それにしても、本当に「誰のせいでもない」のか?本当に「しかたのない」ものなのか?
「そうとでも思っていなければやり切れない」というのが本音だろう。実際、この歌の主旨はそこにある。
昨日も、嫌な雨だった。本当に嫌な雨が降りしきっていた。

きのう滝川と後藤が帰らなかったってね
今頃遠かろうね 寒かろうね
(「誰のせいでもない雨が」)
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント
僕たちは野次馬でしかないのだろう、しかし
自分もずっと
引っ掛かっていた
何か釈然と
しなかった
しかし
冷静に
ジグソーパズルを
埋めていくうちに
見えなかったものが
見えてきた
やはり
真相は
そうだったのかと
【2015/06/01 01:24】 URL | ダムド #iu8Dq9Ko [ 編集]

Re: 僕たちは野次馬でしかないのだろう、しかし
蹉跌は証だ。
真なるものは必ず蹉跌す。
蹉跌の深みに転落せぬもの、
己はそいつの友ではない
(高村光太郎 「街上比興」)
【2015/06/05 08:06】 URL | のわーる #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1450-0ae8ac8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター