時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
「死んでもおれは生きる」~船戸与一逝く
船戸与一が亡くなった。折りしも、満州国演義を今一度精読しようとしていた矢先である。病気のことは承知しており、覚悟はしていたが、やはり衝撃は大きい。
まとまった論考は、いずれ書き記す機会があると思う。ここでは思い出話を書きとどめることにしておく。
私が船戸与一の名に触れたのは学生時代のことである。仲間から、「大藪春彦なんかよりもずっと面白い」と薦められたのがきっかけだった。そこで近所の本屋で見つけたのが、ハードカバーの「蝦夷地別件」である。値段的にも、分量的にもちょっと手が出なかった。結局船戸作品をまともに読んだのはだいぶ年月がたってからである(尚、私は大藪春彦については初期の作品を高く買う)。
最初に読んだ作品は、「午後の行商人」だった。メキシコでぶらぶらしていた日本人青年が、妙な詐欺師に振り回され、ついにはサパティスタの青年と行動を共にするようになる、そんな話だった。ハードボイルド小説の枠組みに社会問題を巧みに取り込みながら、その背景に民衆の存在を浮き上がらせる作風は、私を惹きつけてやまなかった。
その後、私は船戸作品に耽溺した。「蛮族ども」、「夜のオデッセイア」、「山猫の夏」、「神話の果て」、「群狼の島」、「非合法員」、「炎流れる彼方」、「血と夢」、「猛き箱舟」、「緑の底の底」、「黄色い蜃気楼」、「砂のクロニクル」、「蝦夷地別件」、「かくも短き眠り」、「龍神町龍神十三番地」、「蟹喰い猿フーガ」、と立て続けに読み耽ったものである。
船戸は現代の日本社会を舞台にすると精彩を欠いていた、「龍神町龍神十三番地」は、アクション小説としては魅力的ではあったが、船戸作品としては物足りない。死刑問題についての主張にも同意できないものを感じた。映画にもなった「海燕ホテル・ブルー」も、小説のほうは完全に凡作である。
この中で好きな作品を挙げろと言われれば、「炎流れる彼方」か、「蟹喰い猿フーガ」、「蝦夷地別件」辺りとなるだろう。炎流れる彼方は反サンディニスタ・コントラ部隊の後始末の話である。「蟹喰い猿」については過去にレビューしたので、ここでは触れない。「蝦夷地別件」は、船戸にとって後年の歴史小説群のさきがけとなった作品である。1789年(!)のクナシリ・メナシの叛乱を描いた小説で、アイヌ問題が某漫画家を中心に騒がれている今日、まさにタイムリーだと思える。船戸の歴史小説からは得るものが多く、もう一度読んでレビューしてみたい気持ちがある。
どっぷりと船戸作品に入れ込んでいた私だったが、流石に或る時期から息切れがして、暫く彼の作品から離れていた。その為、東南アジア諸国を部隊にした後年の作品には触れていない。「虹の谷の五月」は、第一章だけ読んで放置したままである。
再び船戸作品を読み始めたのは、「満州国演義」の刊行がきっかけである。長そうだな、ちょっときついな、と思いながら、気になってたまらなかった。埋め合わせというわけではないが、昔読んだ作品を再読したり、上述のように息切れがして放置した「流沙の塔」を、漸く卒読するなどしていた(過去にレビュー済)。こちらも心境の変化があったためか、後期の船戸作品が初期よりもずっと立体的になり、そこにおける眼差しが、より深みを増していることに気がついた。比較的軽めに書かれた「ゴルゴ13」のセルフ・リメイクにも、見るべきものがある。
「満州国演義」については、その都度レビューしてきた通りである。張作霖爆殺から敗戦に至るまでの満州を丸ごと描き出そうという、船戸の貪欲な試みであり、まさにその集大成であった。この作品については既に記したように、詳細に読み解いてみたいので、あまりここでは触れない。さしあたり、今日最も重要な作品の一つであることは申し添えておく。
「満州国演義」のスピンオフともいうべき「新・雨月」は、戊辰戦争の通俗的なイメージを徹底的に解体した作品である。それは、司馬遼太郎に代表されるヒーロー物的な明治維新小説とは全く性格を異にしていた。そこに描かれるのは栄光の新時代の幕開けではなく、日本社会全体を覆いつくした残忍な痙攣であり、今日尚も爪痕を残す排除政策であり、血腥い帝国主義戦争の時代の到来であった。
「満州国演義」の完結後、船戸は再び明治維新史に取り組む予定であったという。今日の社会の鍵が、ここにあると踏んだのだろう。原発事故に直面した際に、そこに孕まれる矛盾の根源として、明治維新にまで行き着いた人は多いと思う。船戸がこのあたりをどこまで深めていくつもりだったのか、やはり知りたかったと思う。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1444-681e3b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター