時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
ジャック・ミカン逝く~愛川欽也の印象
愛川欽也が亡くなった。私が彼の仕事に出合ったのは少年時代のこと、テレビ番組「なるほど・ザ・ワールド」における司会者としてのそれであった。映画を観るようになってからは、警官上がりのトラック運転手「やもめのジョナサン」の愉快な活躍が印象に残っている。
「トラック野郎」の企画が、そもそも愛川の発案であったことはよく知られている。愛川が自身の映画「さよならモロッコ」の興行失敗をラジオで嘆いたところ、彼のファンであったトラック運転手が一斉に映画館に押し寄せ、激励してくれたことに由来する。嘗て文学・演劇青年だった彼はここで、「大衆」の活力をまざまざと実感したのだと思う。「恩返しをしたい」この一念が大きく花開いたのが、「トラック野郎」シリーズであった。
平和主義者として自身の思いを訴える姿は、折に触れて進歩派のメディアから取り上げられてきた。特にすぐれた政治的見識があるかどうかよりも、とにかく地道に語り続けていこうとする姿勢は悪くないと思った。
愛川欽也は俳優ジャック・レモンに憧れていたという。「アパートの鍵貸します」を熱っぽく語る彼に、ジャック・ミカンという渾名を進呈したのが「トラック野郎」の脚本家・澤井信一郎であった。鈴木則文、菅原文太、愛川欽也と、「トラック野郎」関係者がこの一年で連鎖的に亡くなってしまった。この不思議な巡り合わせについては何度も言及しているが、実にやり切れない。

IMG_0784_1.jpg
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
逸話を色々有難うございます。勉強になりました。
遅い反応ですみません。「ジャック・ミカン」とは! 存じませんでした…語呂で言ったら「ジャック・メロン」になりそうですが、「ミカン」の方がほわっとあったかい感じがして良いですね。合っていますね。
ジャック・レモンは自分も好きな俳優さんです。「アパートの鍵貸します」…いい映画で素敵な映画で…何だか涙が出てきてしまいました。晩年、テレビ版の「12人の怒れる男達」で8番さんを演じたのを偶然見ましたが、かなりの高齢になっても表情や所作が若くてイキイキ、リベラルな一市民を好演、勢いがあって驚きでした。愛川さんも目指すところだったのではないかと…
若い時に親しんだ色々な方が、天国劇場や天国寄席で天国公演をされる様になりました。やはり寂しさを隠せません。つつしんでご冥福をお祈り致します。
【2015/06/09 22:38】 URL | ふぶら #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1442-d8bc81bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター