時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
読書雑記
この間(かん)読んでいた本を取り上げる。全て娯楽小説であるのはご愛嬌である。

菊地秀行「ヨグ・ソトース戦車隊」
菊地秀行「邪神艦隊」
山田正紀「クトゥルフ少女戦隊」Ⅰ、Ⅱ
菊地秀行「邪神決闘伝」
菊地秀行「妖神グルメ」
風見潤「クトゥルー・オペラ 邪神降臨」
桜庭一樹「GOSICK BLUE」
古野まほろ「セーラー服と黙示録」

上記の大半を占める一連のクトゥルー物は、「クトゥルー・ミュートス・ファイル」という叢書で、ラヴクラフトの二時創作小説を編纂したものである。出版方針に遊び心が窺われ、このご時勢、よくも贅沢な試みを行ったものであると思う。
山田正紀の作品は、ラノベ風の題名だがかなり手の込んだ進化論SFである。ストーリーは殆ど進まず、進化を巡る思弁が延々と続く。それはそれで面白いのだが、手に取る際は注意されたい。
菊地秀行の「邪神艦隊」は太平洋戦争を舞台に邪神との闘いが展開される。だが、ここで暗躍する謎の青年の正体が、最後になって山本五十六であると判明する。作者曰く「だから架空戦記だって言ってんだろ」 いや、まいりました。この居直りには脱帽するしかない。
「邪神決闘伝」はウェスタン物だが、忍者の無双ぶりが圧巻。読んでいて痛快で楽しい。本作と「ヨグ・ソトース戦車隊」は、巻き込まれるようにして読んだ。いずれもお勧めである。
「妖神グルメ」については今更多言を費やすまでもない。ゲテモノ料理のエキスパートの少年が、世界を股にかけ、邪神たちを相手に腕を振るう話である。ゲテモノといっても、腐ったものだの、明らかな毒物だのといった、とても口にするべきではないものを調理するわけである。・・・この小説、アニメにしても面白いんじゃないか。
風見潤の小説はモンスター物の少年小説で、ラヴクラフト的な世界とは一線を画する。そこを割り切って読めば、愉快な冒険活劇として楽しめるだろう。ちなみに本作は、長編としてはわが国初の本格的クトゥルー小説であるという。尚、作者は現在失踪中で連絡が取れない状態であるらしい。本作は著作権料を供託する形で出版された。
桜庭一樹の小説の題名はスペルミスではない。アニメにもなった「GOSICK」と題された小説シリーズの最新作である。このシリーズはいったん完結したのだが、近年になって続編的な体裁で復活を遂げた。本作はその二作目に当たる。但し、一度綺麗に完結したシリーズであるので、この続編に関しては作者自身による二次創作と考えてもよいと思う。
古野まほろの名は全く知らず、書店で気に掛かったので購入した。独特の雰囲気を持った作風で、ペダントリー(衒学)も心地よい。正直、もはやミステリーであることなどどうでもよくなってくる。そんな魅力を持った作品だった。「日本帝国」なる気味の悪い国が作品の舞台背景になっているのが少々気になるが。

IMG_0698_1.jpg
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1438-a2e29422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター