時を告げない大時計
映画やら書物やらをめぐる、つれづれなる断想など
時間が無い
「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」(監督:湯浅憲明 脚本:高橋二三)という映画があった。幼少期にテレビ放送で観たっきりなので、詳細はよく覚えていない。ただ劇中で、人質となった二人の少年の命を救うために、全世界が宇宙人に降伏するというシーンがあり、そこだけは鮮烈に覚えている。命とはそれほどまでにかけがえの無いものなのだ、というメッセージは幼い私の精神に深く刻み込まれた。
無論、リアリズムから考えれば、到底ありそうに無い話である。現実にこんなことが起これば、容赦なくミサイルなり銃弾なりをぶち込み、殺された人質は「平和のための尊い犠牲になった」などと美辞麗句を込めて語られることだろう。だが言うまでもなく、子供向けの特撮映画のことである。教育上の配慮を抜きには語れない。ただ、ここには子供への教育的意図というだけではなく、生命倫理に対する、製作者の祈りのようなものが込められていると考えたい。
日本赤軍の一連の事件が勃発するのは、映画の公開からずっと後の話である。ダッカ事件に際する「人命は地球よりも重い」という福田赳夫の発言は、それ自体に限って言えば肯定するべきと思われた(勿論こんな感想を抱いたのはずっと長じてからの話である)。吉本隆明はこれを「戦後日本が第二次大戦の殺りく加害・被害体験から学んだ、ほとんど唯一の取柄」と評価した。
いうまでもなく、ここで私が言おうとしているのはISISの人質事件についてである。「テロには屈しない」などという、勇ましいばかりの空文句ばかりが踊るが、無能な為政者の言い訳の域を一歩も出ない。おぞましい「自己責任」論は、今も尚この社会で猖獗を極めている。早い話、政治家が何もしない、対策を講じない、ほったらかしにする、というだけのことなのだ。
タイムリミットまで、もう時間が無い。このまま私達の目の前で、むざむざと人が殺されるのを見たくはない。まさか報道に圧力をかけて、結果を知らせないつもりではあるまいな(特定秘密?)。とにかく人質の命を救え。戦争する準備などしている場合ではない。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noir731.blog106.fc2.com/tb.php/1427-23364115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のわーる

Author:のわーる
首都圏に生息する一介の映画バカ。といってもまだ映画歴は浅いため、大家の作品をあまり見ていなかったりする。
たまに衝動的におかしな絵を描いたりもする。
尚、この「のわーる」という名前は同名の素晴らしいアニメ作品とは直接関係は無く、サド侯爵の登場人物の名に由来するものである。



のわーるのつぶやき



最新記事



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新コメント



過去記事のアーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



2010年「国際ジュゴン年」



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



RSSリンクの表示



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



FC2カウンター